« 介護離職のリスクマネジメント/ケアの諸問題(24) | トップページ | 何故、今なのか? 翁長-菅会談の不可解/日本の針路(132) »

2015年4月 5日 (日)

異次元金融緩和の効果と限界/アベノミクスの危うさ(50)

黒田日銀総裁が自ら「異次元の」と胸を張った大規模な金融緩和から2年経つ。
その効果はあったのか?
そもそも金融緩和の狙いはどう設定されていたのだろうか?
Ws000000
異次元緩和2年:黒田日銀に試練 遠い物価2%目標

要するに、円安・ドル高に誘導して経済を活性化させようということであろう。
現実はどうか?
2年間の「成果」は次のように言われる。
Ws000000_2
東京新聞4月3日

株価は上がったが、物価の微増は円安による輸入価格の上昇による。
経済が活性化したとはとても言えまい。
実体経済に対しては効果はなかったと考えられる。
私は政策目標として「経済成長」を掲げること自体、不適切な社会になったと考えるが、アベクロ氏たちはそうは考えていない。

 異次元の金融緩和は壮大な社会実験ともいわれたが、明らかになったのは金融政策で物価をコントロールするのは困難ということだ。安倍晋三首相の政策ブレーンといわれるリフレ派は「物価は貨幣現象であり、マネーの量で決まる」と主張してきた。貨幣(マネタリーベース)は約束通りに二倍に増えたが、物価は二年たっても、ほぼ横ばいなのである。
異次元緩和2年 目標未達の説明果たせ

金融政策だけでは限界があるだろうし、財政出動は旧来の政策、成長政策は実体がない。
伊東光晴氏が老躯に鞭打って『アベノミクス批判――四本の矢を折る』岩波書店 (2014/7/31)で書いているように、最大の問題は「4本目の矢」である政治思想である。

|

« 介護離職のリスクマネジメント/ケアの諸問題(24) | トップページ | 何故、今なのか? 翁長-菅会談の不可解/日本の針路(132) »

アベノミクスの危うさ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/59524576

この記事へのトラックバック一覧です: 異次元金融緩和の効果と限界/アベノミクスの危うさ(50):

« 介護離職のリスクマネジメント/ケアの諸問題(24) | トップページ | 何故、今なのか? 翁長-菅会談の不可解/日本の針路(132) »