« 最高裁の判断は裁判員制度の趣旨と矛盾しないか/日本の針路(104) | トップページ | 石油資源と石油文明の限界/技術論と文明論(18) »

2015年2月 7日 (土)

吉田松陰の行動と死/幕末維新史(3)

今年の大河ドラマ『花燃ゆ』は、幕末の長州の藩都・萩が舞台である。
NHKは安倍首相に阿っているのではないかという批判がある。
確かにそう見られても仕方がないような両者の動きだと思うが、それについてはもう少し様子見としよう。
吉田松陰は、「草莽崛起」で知られる。
辞書を引くと「志を持った在野の人々が一斉に立ち上がり、大きな物事を成し遂げようとすることを意味する」とある。
安倍首相がどう理解しているか、質問してみたい気がする。

♪きのう勤皇 あしたは佐幕……
西条八十作詞の『侍ニッポン』という古い歌の一節である。
幕末は「勤皇か佐幕か」と国論が激しく争われた時であった。
「攘夷か開国か」はTPPに似ていると思うが、攘夷が勤皇と結び、開国が佐幕と結ぶという、守旧と改革が複雑に錯綜していた。
子どもの頭では理解できるはずもなかったが、「勤皇か佐幕か」はチャンバラごっこで遊ぶ時の定番のセリフだった。
⇒2012年10月29日 (月):開国を迫られた老中阿部正弘の苦悩の改革/幕末維新史(2)
Photo
歴史人別冊『幕末維新の真実』㏍ベストセラーズ(2012年9月)

松陰は下田でペリーの黒船に密航を企てるなど、静岡県とも縁がある人物である。
嘉永4年(1851年)3月、参勤交代に同行して江戸にも遊学。佐久間象山に出会い、。同年12月には、宮部鼎蔵らと「水戸学」や「海防」などの勉強を目的とした東北の旅を計画する。
なかなか藩からの関所通過書が届かないことから、松陰は当時重罪であった脱藩を実行する。
現在も、「国益より省益を優先する国家官僚の在りかたを嫌い官僚を辞めたが、改革の志を失っていない元官僚」を脱藩官僚などという。

松陰は東北を訪問後、脱藩の罪で萩に送還されるが、松陰の才を惜しんだ藩主から10年間の国内遊学の許可が出る。
2度目の江戸遊学中の嘉永6年(1853年)6月、ペリー提督率いるアメリカ合衆国東インド艦隊が浦賀に来航(いわゆる黒船来航)する。
浦賀に出かけ黒船を観察した松陰は大きな衝撃を受け、幕府の国防に対する不備を強く認識するとともに、多くの志士たちが感じたように危機感を覚える。
嘉永7年(1854年)1月、ペリー再来航の際、密航計画を知り松陰に強く願い出た長州藩足軽・金子重之助とともに密航を再度企てる。

松陰と金子はペリーの船に乗り込もうといろいろ手を尽くし、走り回ったがことごとく失敗し、下田に移動したペリーの船に、夜間、小舟をこぎ寄せた。
ペリー側は、松陰たちの必死の頼みにも渡航を拒絶し、松陰の密航計画はまたしても失敗した。         
松陰と金子は自首し、江戸伝馬町の牢屋に入れられ、その後、萩に送還され、松陰は士分が入れられる野山獄、金子は岩倉獄へと投獄される。
TVはこの辺りまで進んでいる。

松陰はこの後、安政4(1857)年から松下村塾で教えるのだが、日米通商条約を結んだ幕府を批判して野山獄に再投獄されてしまう。
結局松下村塾で教えたのは、2年ばかりの期間に過ぎないが、倒幕・維新を牽引する綺羅星の如き逸材を輩出したのは周知の通りである。
大河ドラマを見る習慣はないのだが今年はどういう風の吹き回しか、今のところ続けて見ている。
松陰は伝馬町獄の刑場で斬首に処される。
墓は東急世田谷線松陰神社駅近くの松陰神社内にあるという。
松陰が死罪に処された「安政の大獄」の指揮者・井伊直弼の墓所である豪徳寺に近接しているのは不思議な縁である。
Photo_3
東京新聞1月19日

|

« 最高裁の判断は裁判員制度の趣旨と矛盾しないか/日本の針路(104) | トップページ | 石油資源と石油文明の限界/技術論と文明論(18) »

幕末維新史」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/58847948

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田松陰の行動と死/幕末維新史(3):

« 最高裁の判断は裁判員制度の趣旨と矛盾しないか/日本の針路(104) | トップページ | 石油資源と石油文明の限界/技術論と文明論(18) »