« 「女性が輝く日本」の新人代議士・前川恵/日本の針路(91) | トップページ | 天地動乱の時代の到来?/日本の針路(92) »

2014年12月29日 (月)

百田尚樹の正体?/人間の理解(8)

殉愛』幻冬舎(2014年11月)騒動で百田尚樹の正体が炙り出されつつある。
「週刊文春」、「週刊新潮」、「週刊現代」(講談社)、「週刊ポスト」(小学館)などの出版社系の週刊誌は、作家タブーとかで依然として及び腰であるが、新聞社系の「週刊朝日」「サンデー毎日」に記事が掲載されるようになった。
百田氏は「従軍慰安婦問題」などで朝日新聞と犬猿の状態であるが、「週刊朝日12月26日号」で『たかじん遺言執行者を妻が“解任”』という記事を載せている。
「大反響第2弾」とされている。
リードの文章によれば、たかじん氏の長女へのインタビュー記事の続報のようである。

12月26日号の記事に以下のような内容である。

「フライデー12月26日号」にさくら氏が手記を掲載している。
その中に、Aという弁護士が作成したたかじん氏の遺言書を自身の主張の根拠として公開している。
しかし面妖なことに、A弁護士は、たかじん氏の死後、さくら氏から遺言執行者の解任審判を大阪家裁に申し立てられ、辞任しているのだ。
さくら氏とA弁護士の間に亀裂が入った経緯は省略するが、要は遺言書通りだとさくら氏に不満があるということだ。

「週刊朝日」と「サンデー毎日」に対して、百田氏は次のようにツイートしている。
Ws000001_2

「週刊朝日」は百田氏の言い分も掲載しているので、一方的とは言えないと思う。
まあ被害妄想というか自分に対しては敏感だけど、他人に対しては鈍感な人ではあるのだが。

百田氏自身が品格を欠く自分のツイートで、墓穴を広く深くしていることは、多少ネットを情報源としている人ならば周知のことであろう。
⇒2014年11月28日 (金):安倍首相の盟友・百田尚樹の馬脚/日本の針路(76)

もっとしっかりと百田氏批判を行っているのは、月刊誌の「宝島」2015年2月号である。
『百田尚樹の正体』という記事であるが、「宝島」は2014年8月号でも『週刊誌が書けない「百田尚樹」タブー』という1ページの批判を載せていたが、『殉愛』騒動で、本格的に取り上げたということだろう。
私は「週刊文春」の林真理子さんの文章を紹介して百田氏の首に鈴をつけるのはどのメディアだろうと思っていた。
⇒2014年12月 6日 (土):誰が百田尚樹の首に鈴を付けるのか/日本の針路(80)
どうやらその栄誉は「宝島」が手にしたようである。

殉愛』に対する疑惑は、ネットから始まった。
匿名の投稿者が、『殉愛』の主人公であるさくら未亡人が、『殉愛』には触れられていない事実「年下のイタリア人と結婚していたはずで、削除されているブログもあるはず、と書き込んだ。
ネット民は、あっという間に当該ブログを探し出してしまったのだ。

自己紹介は以下のようなものだ。

シャネルとパーキンをこよなく愛し、高層マンション、タクシーの完全都会っ子生活から一転、恋した相手はイタリア・田舎っ子の彼・・・・・・。慣れないカントリーサイドで国際結婚ブログ。

率直に言って、『殉愛』に描かれているさくら像とはずいぶんギャップがある。
さくら氏はは過去の結婚歴が暴かれたことを「センシティブなプライベート情報は一部の人しか知らず、ネットに掲載されることに恐怖を感じる」と被害者のように言っているが、情報源は自身であることを棚に上げた言い分というべきであろう。
殉愛』では、婚姻歴どころか「独身」と書かれており、出会った際に結婚していたとなると、百田氏が「書かれていることはすべて事実である」という言葉が行き場を失う。
Ws000000_2

「宝島」には、『殉愛』騒動の人物相関図が載っている。
Photo_2 

百田氏は安倍首相の肝いりでNHK経営委員になった。
しかし、NHK経営委員とは以下のような人であると説明されている。

公共の福祉に関し公正な判断をすることができる、広い経験と知識を持つ12人の委員で構成されています。委員は、国民の代表である衆・参両議院の同意を得て、内閣総理大臣により任命されます。
http://www.nhk.or.jp/keiei-iinkai/about/

果たして百田氏は上記のような人であろうか?
百田氏の資質に疑問が湧いてきた時、百田氏は次のようにツイートした。
Photo_3

誰も経営委員が番組制作に口出しするとは言っていない。
首相と親しい人物を経営委員にするという「お友達人事」が如何なものか、お友達の中でも特に偏向している百田氏が「公正な判断をすることができる」というNHKの基準に照らして、適格かどうかを問題にしているのだ。
⇒2014年12月 4日 (木):安倍首相と百田尚樹の親近性/人間の理解(7)
提起されている問題すら正確に理解できないで、キレルのではまったく不適格であると言わざるを得ない。

|

« 「女性が輝く日本」の新人代議士・前川恵/日本の針路(91) | トップページ | 天地動乱の時代の到来?/日本の針路(92) »

人間の理解」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/58383088

この記事へのトラックバック一覧です: 百田尚樹の正体?/人間の理解(8):

« 「女性が輝く日本」の新人代議士・前川恵/日本の針路(91) | トップページ | 天地動乱の時代の到来?/日本の針路(92) »