« 安倍首相の憲法解釈論/花づな列島復興のためのメモ(327) | トップページ | アルツハイマー型認知症/ケアの諸問題(12) »

2014年5月19日 (月)

総介護社会への準備を急げ/ケアの諸問題(11)

私は、回復期のリハビリ病院に5カ月ほど入院していた。
その時、これは近未来の日本の社会の姿ではないかと思った。
2025年に団塊の世代が後期高齢者になる。
あと10年である。

先ごろ、認知症の人が起こした電車事故の損害賠償訴訟について、高裁判断が示された。
認知症の罹患者は91歳の男性で、損害賠償請求をしたのは、JR東海である。
判決は、85歳の妻に賠償を命ずるものだった。
⇒2014年4月29日 (火):認認介護という現実/ケアの諸問題(6)

地裁では、遺族の長男も損害賠償の対象になっていたが、控訴審の名古屋高裁でも妻の賠償責任があると判断された。
Photo
認知症徘徊は妻のみ責任 JR事故、賠償は半減

この判決をどう見るか?
民法は、損害賠償について、次のように規定している。
Ws000000

この判決をどう考えるかは立場によってさまざまであろうが、多少でも介護の現場を知っている人ならば、介護の現場を無視した教条的な判決と考えるのではないか。
⇒2014年5月13日 (火):軽度認知症とその対策/ケアの諸問題(9)
実際、もし自分が遺族の立場だったらと考えると、どうできただろうか?
140524_2
週刊現代5月24日号

団塊の世代が後期高齢者になる2025年には、認知症患者も増大しているのではないだろうか。
それに伴い、事故件数も増大すると予測されている。
在宅医療・介護の方針が打ち出されているが、判決は逆行しているようにも思えるし、十分な体制が確保できるとも思えない。
Photo_2
http://www.fukushishimbun.co.jp/topics/3020

2025年に向けて、ほとんどすべての人が、介護をする人かされる人になるであろう。
すなわち総介護社会である。
自公両党は、野党の審議が十分ではないという反対を押し切って「医療・介護総合推進法案」を強行採決した。
一方で、集団的自衛権も強権的に行使容認の方向に動くようである。
140515
静岡新聞5月15日夕刊

どう見ても、介護人材の拡充は焦眉の課題であろう。
しかるに、介護職が3Kと呼ばれる悪環境にあることは、社会通念となっている。
1405112
東京新聞5月11日

この国の将来はどうなるのであろうか?
杞憂を抱くのは私だけではあるまい。

|

« 安倍首相の憲法解釈論/花づな列島復興のためのメモ(327) | トップページ | アルツハイマー型認知症/ケアの諸問題(12) »

ケアの諸問題」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/56207470

この記事へのトラックバック一覧です: 総介護社会への準備を急げ/ケアの諸問題(11):

« 安倍首相の憲法解釈論/花づな列島復興のためのメモ(327) | トップページ | アルツハイマー型認知症/ケアの諸問題(12) »