« 7年目のスタートにあたり | トップページ | パラダイムに捉われない古代史家・森浩一さん/追悼(32) »

2013年8月 9日 (金)

1人当たりGNI150万円増は可能なのか/アベノミクスの危うさ(11)

7月の参院選は自民党の圧勝という結果に終わった。
アベノミクスが信認されたということであろうが、信認されるということと、結果がうまく行くということとは別である。
アベノミクス自体、本命の成長戦略はこれからである。

アベノミクスに対する国民の支持が高いのは、たとえば、「1人あたり名目GNI(国民総所得)を10年後に150万円以上拡大する」という言葉が、「そうであるならば」とその気にさせているのではなかろうか。
このフレーズが誤解を招きやすいレトリックであることはすでに触れた。
⇒2013年7月19日 (金):GNIとGNP/「同じ」と「違う」(59)

それはそれとして、果たして「1人あたり名目GNI(国民総所得)を10年後に150万円以上拡大する」ことは現実性があるだろうか?
東京新聞7月17日に、解説記事が載っている。Gni150130717

上図で見るように、「GNIを150万円/人アップするためには、3%/年の上昇を、10年間継続する」ことが必要である。
しかるに、失われた20年の間、3%を越えたことは一度もない。
常識的に考えれば、よほどのイノベーティブな施策がなければ難しいだろう。
「異次元の金融緩和」自体は、直接は実体経済とは無関係である。

念の為、1人当たりGDP(PPP:購買力平価基準)のランキングの推移は以下のように推移してきた。Ws000008
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4542.html

やはりハードルはかなり高いと言わざるを得ないだろう。

|

« 7年目のスタートにあたり | トップページ | パラダイムに捉われない古代史家・森浩一さん/追悼(32) »

アベノミクスの危うさ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/52546624

この記事へのトラックバック一覧です: 1人当たりGNI150万円増は可能なのか/アベノミクスの危うさ(11):

« 7年目のスタートにあたり | トップページ | パラダイムに捉われない古代史家・森浩一さん/追悼(32) »