« 原発再稼働と安倍政権/花づな列島復興のためのメモ(238) | トップページ | 金融緩和の効果と影響-アベノミクスの危うさ(8)/花づな列島復興のためのメモ(239) »

2013年6月30日 (日)

視力と分解能/知的生産の方法(65)

言葉は事象を分ける。
ある事象を言語化するということは、他の事象と違うことを認識するということである。
たとえば、1年の季節は、4つに分けられるが(四季)、24にも(24節季)72にも(72候)分けられる。
⇒2013年6月21日 (金):言葉の解像力/知的生産の方法(62)

世の中の事象は無数にある。
言い換えれば、継ぎ目なしに連続している。
一方、言葉の数は有限である。
いくらボキャブラリーが豊富な人でも限りがある。
であるから、分け方には限界があるし、同じ言葉で違う事象を表現しなければならないこともある。

この分ける力の限界が分解能である。
どこまで識別できるかは、視力検査のことを思い浮かべれば分かりやすい委だろう。
おなじみの視力検査の図である。
Photo_11
http://kimoto.hatenablog.com/entry/2013/01/28/120028

ランドルト環と呼ばれるもので、次のように説明されている。

ランドルト環は黒色の円環で、円環全体の直径:円弧の幅:輪の開いている幅=5:1:1のサイズである。視力は分単位で表した視角の逆数で表す。例えば、5mの距離から約1.45mmの切れ目を判別できると視力1.0となる。日本では直径7.5mm、太さ1.5mm、の円の一部が1.5mm幅で切れている環を5m離れたところから見て正確に切れている方向がわかる能力を「視力1.0」としている。ISOでは直径7.272……(循環小数)mm、太さ1.4544……(同左)mmという数値が規定されている。
Wikipedia-視力

この切れ目のどこまで見ることができるか。
それによって視力を測定する。

学生時代はずっと良かった視力が、加齢によって次第に衰えてきた。
クルマの運転免許証に、眼鏡使用が条件となって久しいが、現在は更新保留中である。
今の身体状況では返上せざるを得ないだろうが、やはりちょっと寂しい感じはする。

 

 

|

« 原発再稼働と安倍政権/花づな列島復興のためのメモ(238) | トップページ | 金融緩和の効果と影響-アベノミクスの危うさ(8)/花づな列島復興のためのメモ(239) »

思考技術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

知的生産の方法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/52002999

この記事へのトラックバック一覧です: 視力と分解能/知的生産の方法(65) :

« 原発再稼働と安倍政権/花づな列島復興のためのメモ(238) | トップページ | 金融緩和の効果と影響-アベノミクスの危うさ(8)/花づな列島復興のためのメモ(239) »