« 熊野本宮大社/紀伊半島探訪(7) | トップページ | アベノミクスの危うさ/花づな列島復興のためのメモ(221) »

2013年5月28日 (火)

専門家の市民感覚/花づな列島復興のためのメモ(220)

裁判員制度が施行されて、4年になる。
趣旨は、「市民が持つ日常感覚や常識といったものを裁判に反映させる」ためということである。
しかし、私はこの制度について、疑問を持っている。
⇒2009年1月24日 (土):裁判員制度に関する素朴な疑問

考えてみれば、、「市民が持つ日常感覚や常識」を反映すべきであるのは、裁判に限らない。
たとえば、放射性物質の漏洩事故を起こしたJ-PARCは、最先端の科学の現場である。
そこでも、原子力の専門家とも思えない安全性の軽視である。
⇒2013年5月26日 (日):放射性物質漏洩事故の認識/原発事故の真相(71)

事故が起きたのは、高速増殖原型炉「もんじゅ」を抱える日本原子力研究開発機構と高エネルギー加速器研究機構が共同で運営する実験施設である。
研究者側は「漏れは想定外だった」と言う。
またしても「想定外」。

福島第一原発事故の東電と同じように、「想定外」だったら免責されるという発想であろうか。
専門家の矜持はどこに行ったのか?

あろうことか、放射性物質の濃度が異常であると認識したとき、排気ファンで強制換気したという。
そのファンには、放射性物質を取り除くフィルターが付いていない。
つまり、閉じ込めておくべき放射性物質を、拡散させているのだ。

今回も、事故ではなく、事象と呼ぶのであろうか?

原子力こそ、専門家と素人の知識に格段の差異がある。
だから、専門家の見識に頼らざるを得ないのである。
その専門家に健全な市民感覚を期待できないとしたら・・・
余りにリスクが高いのではないか?

|

« 熊野本宮大社/紀伊半島探訪(7) | トップページ | アベノミクスの危うさ/花づな列島復興のためのメモ(221) »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花づな列島復興のためのメモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/51806056

この記事へのトラックバック一覧です: 専門家の市民感覚/花づな列島復興のためのメモ(220):

« 熊野本宮大社/紀伊半島探訪(7) | トップページ | アベノミクスの危うさ/花づな列島復興のためのメモ(221) »