« 言葉の共通理解のツールとしての辞書/知的生産の方法(54) | トップページ | 橋杭岩と宝永地震/紀伊半島探訪(4) »

2013年5月 9日 (木)

東福寺の「青々とした緑」/京都彼方此方(6)

京都で夕方時間があったので、東福寺へ行ってみた。
東福寺と言えば紅葉で有名である。
特に通天橋からの眺めは、紅葉の名所に事欠かない京都でも有数のものであろう。
子供が小さい頃、連れて行ったことがあるが、銀塩写真だったこともあって手許に残っていないので、壁紙サイトから援用する。
Photo
http://k-kabegami.sakura.ne.jp/toufukuji/1.html

奥に見えるのが通天橋である。
仏殿から開山堂(常楽庵)に至る渓谷に架けられた橋廊で、1380(天授6)年、春屋妙葩(普明国師)が谷を渡る労苦から僧を救うため架けたといわれる。

拝観受付が16:00までで、境内に入ることはできなかったが、通天橋の方を覗くことはできた。
秋の紅葉は今の季節は青々とした若葉である。
Img_28702

近所のおばさんが犬を連れて散歩しているのに同道して、いろいろ話を聞くことができた。
Rimg02152

東福寺への往還は市バスを利用した。
京都は市街地が格子状の街路になっているので、路線バスのルートも見つけやすい。2
http://www.tofukuji.jp/haikan.html

新幹線からそれほど距離はないが、緑に包まれた雰囲気でやはり京都は「いい所」と言うべきだろう。
と書いていて、「青々とした」という表現と「緑に包まれた」という表現はどうか?

5行説では、「青」が東にあたる。
四神の青竜は東の守り神である。
高松塚古墳の壁画に青竜が描かれていた。
大相撲でも青房が東である。

季節で言えば、青が春であることは、青春という言葉の通りである。
皇太子のことを東宮と言ったり、日銀総裁の黒田東彦氏の名前を「はるひこ」と読むこともこれに由来するのであろう。
⇒2013年3月 3日 (日):東宮一家の振る舞いの報じられ方/やまとの謎(83)

つまり、若い、未熟な状態が「アオ」である。
青二才とか青野菜のように、である。
そしてその実体は、緑色であることが多いが、「みどり」もまた、生まれたての状態、若々しいさまの形容である。
「みどりご」とか「みどりの黒髪」などのように。

つまり、「あお」と「みどり」は無差別だったのだろう。
有名な「あおによし」という奈良(寧楽、平城)にかかる枕詞は、「青丹よし」ということだが、薬師寺の説明で、「この色が青と丹です」と言われ、得心したことがある。
02062

|

« 言葉の共通理解のツールとしての辞書/知的生産の方法(54) | トップページ | 橋杭岩と宝永地震/紀伊半島探訪(4) »

京都彼方此方」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/51535280

この記事へのトラックバック一覧です: 東福寺の「青々とした緑」/京都彼方此方(6):

« 言葉の共通理解のツールとしての辞書/知的生産の方法(54) | トップページ | 橋杭岩と宝永地震/紀伊半島探訪(4) »