« アベノミクスの危うさ(2)/花づな列島復興のためのメモ(222) | トップページ | アベノミクスの危うさ(3)/花づな列島復興のためのメモ(224) »

2013年5月31日 (金)

地震予知の諸問題/花づな列島復興のためのメモ(223)

静岡県では東海地震対策に早くから取り組んできた。
「地震知事」の異名を付けられたほど力をいれた山本敬三郎知事の時代からであり、1970年代に遡る。
⇒2012年8月30日 (木):南海トラフ大地震にどう備えるか?/花づな列島復興のためのメモ(136)

以来、斉藤滋与史、石川嘉延、川勝平太と、思考も志向も異なる後継知事も、地震対策には注力してきたといえよう。
何といっても東海地震の震源域であるし、南海トラフ大地震では、県内だけで10万人以上の死者も予想されている。
静岡県知事選は、6月16日投票が行われる。
既に5月30日に告示され、無所属新人の元多摩大教授広瀬一郎氏(57)=自民党県連推薦、共産党新人の党県副委員長島津幸広氏(56)、再選を目指す無所属現職の川勝平太氏(64)が立候補を届け出た。

前回の選挙は2009年の6月であるから、政権交代の前夜である。
民主党の推薦を受けた川勝氏が、自公推薦候補を僅差で破った。
しかし、前回との比較で言えば、明らかに風向きは変わっている。

地震対策との関連でいえば、浜岡原発であろう。
住民投票について、川勝氏は「県民の判断を仰ぐのは当然」と再稼働前の実施を主張。
広瀬氏は「民主的か疑義がある」と否定的で、島津氏は「是非を問うまでもなく廃炉にすべきだ」と訴えている。

県民の意向はどうか?
もちろん、争点は浜岡原発だけではない。
折しも、地震対策を再考せざるを得ないようなニュースが発表された。
5月28日、南海トラフで想定されている巨大地震について、中央防災会議の作業部会が、地震を確実に予測することは困難とする調査部会の見解を盛り込んだ防災対策の最終報告を公表したのである。

 南海トラフはM8級の東海・東南海・南海地震の震源域が東西に並んでおり、これらが連動して巨大地震が起きる恐れがある。気象庁は東海地震の直前予知を目指して地殻変動を監視しているが、前兆現象が検出された場合、東海を上回る巨大地震の発生の有無を予測できるかが防災上の焦点になっている。
 作業部会の下部組織である調査部会は科学的な知見を基に検討した結果、前兆現象を捉えて地震の発生時期や規模を高い確度で予測することは困難との見解をまとめた。
 気象庁は昭和19年の東南海地震の直前に観測された地殻変動を前兆現象と解釈し、東海地震予知の可能性の根拠としてきたが、調査部会は「疑わしい」と指摘。東海地震や連動型の巨大地震について「確度の高い予測は難しい」と結論付けた。
 これを受け作業部会は最終報告で「新たな防災体制のあり方を議論すべきだ」として、予知体制の再検討を求めた。
・・・・・・
 復興が遅れると「国としての存立に関わる」として事前の防災対策を重視。被災地では行政の支援が行き届かないため、家庭で1週間分以上の食料などを備蓄するよう求めた。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130528/dst13052817290019-n1.htm

そもそも、地震予知には問題があるとの指摘もあった。
東大のロバート・ゲラー教授(地震学)などである。
教授は、TVの番組などでも、「政府は不毛な短期的地震予知を即刻やめるべきだ」と指摘してきた。

また、地震の生起確率ということも混乱を招きやすい。
⇒2012年2月10日 (金):地震の発生確率の伝え方②/東大地震研平田教授の意見

そもそも、地震予知が可能だ、という根拠は、前兆すべりという現象を把握することが前提になっている。
⇒2010年9月 2日 (木):東海大震災は防げるか?
前兆すべりとは、本震の前の動きである。

Photo
 この理論では、東日本大震災の前に前兆すべりが観測されたはずだった。観測網は東海地方の方が充実しているが、マグニチュード(M)9.0という巨大地震でも観測できなかったことは、M8級と想定される東海地震の予知が本当に可能かの検証が必要になる。
 東海地震は、政府が唯一予知の可能性があるとして、大規模地震対策特別措置法で予知した場合に備えた防災体制を構築している。
 地震予知連会長の島崎邦彦東大名誉教授は「東海地震のような前兆すべりは観測できなかった」と認めた上で、「(観測条件や地下の特性は)東海とは同じではない」と話した。
・・・・・・
 気象庁地震予知情報課の土井恵治課長は「前兆すべりがとらえられなかったことは事実だが、『なかった』と証明されたわけではない。東海地震の予知体制が否定されたわけではなく、今後も見逃さないように観測を続けていく」と話している。
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201104260467.html

地震予知が難しいのはよく分かる。
実験で確かめようがないからである。
しかし、前兆すべりも含め、以上事象を把握する体制が緩んではならないだろう。

|

« アベノミクスの危うさ(2)/花づな列島復興のためのメモ(222) | トップページ | アベノミクスの危うさ(3)/花づな列島復興のためのメモ(224) »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花づな列島復興のためのメモ」カテゴリの記事

コメント

DRもアイアンもキャロからタイトリストに買換えました。キャディバックも揃えようと思っていますが、最安価っていくらぐらいですか?とにかくカッコ良いので欲しいのですが、今のバック購入して5ヶ月ぐらいなので、できるだけ安く購入したく思っています!(交渉するときの参考として)

投稿: アバクロ | 2013年6月 7日 (金) 13時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/51833183

この記事へのトラックバック一覧です: 地震予知の諸問題/花づな列島復興のためのメモ(223):

« アベノミクスの危うさ(2)/花づな列島復興のためのメモ(222) | トップページ | アベノミクスの危うさ(3)/花づな列島復興のためのメモ(224) »