« 福島第一原発の汚染水は他に対策がないのか?/原発事故の真相(68) | トップページ | 淡路島地震と伊方原発/花づな列島復興のためのメモ(208) »

2013年4月16日 (火)

存在感の際立った「怪優」・三國連太郎さん/追悼(30)

映画「飢餓海峡」「釣りバカ日誌」シリーズなどで知られる俳優、三國連太郎さんが亡くなった。
14日朝方、急性呼吸不全のため東京・稲城市の病院で息を引き取った。

 真骨頂は徹底的な役作り。57年の映画「異母兄弟」では、老人役のために上下10本以上の歯を抜いて挑んだというエピソードはあまりにも有名。メガホンをとった「親鸞・白い道」で87年のカンヌ国際映画祭審査員賞を受賞するなど、監督としても才能を発揮した。 88年には映画「釣りバカ日誌」に出演、釣り好きの建設会社社長、スーさんをコミカルに演じて新境地を開拓。22年間にわたる人気シリーズとなった。
 数々の華やかなロマンスの主だったが、晩年はどこに行くのも友子さんと一緒だった。「僕のマイナス面を補って、今日まで人付き合いさせてくれた
」という明るい友子さんに、亡くなる2日前の12日、ふいに「港に行かなきゃ。船が出てしまう」と口走ったという。最後まで心優しいスーさんのまま、三國さんは旅立った。
http://www.sanspo.com/geino/news/20130416/oth13041605060012-n3.html

沼津や伊豆に縁のある人だった。

Photo_5 三国連太郎さんは、少年時代を伊豆半島で過ごし、晩年は一時、沼津市内に自宅を構えた。遺作となった作品も伊豆や沼津を舞台にした映画だった。この土地を愛し、多くの足跡を残した個性派俳優の死に、生前を知る人からは惜しむ声が上がった。
 三国さんの自宅は沼津市北部、愛鷹山の中腹の別荘地にあり、沼津市の千本松原や駿河湾、伊豆半島を一望できる。
・・・・・・
 傾斜のきつい別荘地内で、散歩は三国さんの日課だったという。別の女性(71)は「奥さんと一緒だったり、一人でつえを突いたり。まるで散歩がここでの仕事だというように毎日歩いていた。道端で休んでいるだけでも立ち姿に威厳があり、さすが俳優だと感じた」と振り返った。
 三国さんは、昨年公開された井上靖の自伝的小説を映画化した「わが母の記」に主人公の老父役で出演し、遺作となった。メガホンをとった沼津市出身の原田真人監督(63)は一〇年末、出演を快諾した三国さんと都内で会食。昔の沼津の街の話で盛り上がった。「三国さんは伊豆から沼津に出てきたとき、駅南口にあった松菱デパート(一九五三年開店、七一年閉店)の屋上から眺めた風景が忘れられないと言っていた」。三国さんの最初の都会体験だったらしい。

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20130416/CK2013041602000073.html

確かに松菱という店があった。
屋上の子供遊園地で遊んだ記憶があり、懐かしい名前だ。

『わが母の記』は、わが母校(沼津東高校、旧制沼津中学)の先輩である井上靖原作である。
井上の自伝的作品がであるが、随所に見たことのある風景のある映画だった。
ちなみに監督の原田眞人さんも同じ母校の卒業生である。
⇒2012年6月 3日 (日):『わが母の記』と沼津・伊豆

狩野川に架かる永代橋という橋の袂に、伊豆家という天丼の名店(?)がある。
数年前まで、よく来ていたということを聞いたことがある。
闘病中のエピソードとして、次のようなメモが報道されている。

Photo 妻の友子さんは「とてもいい顔をしています。最後まで、きれいでかっこいい人でした」と語り、ときに涙ぐみながら弔問客に応対していた。
 友子さんによると、三國さんは闘病中に演技論を残し、メモ帳に赤ペンで「(演技は)再現できない。運命的な『物』である」「コピーできない演技とは経過そのものであったと認知した」「50年目にやっと認知した。(中略)遅かった」などと自筆で書いていた。
 昨年5月ごろ、病状が悪化したときに書いたとみられる「ついに終末の刻に逐い詰められたようだ どう闘って生きるか? 連」という走り書きも残されていた。

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130416/ent13041606400002-n1.htm

私は『釣りバカ日誌』はバスツアーの車内でしか見たことはないが、西田敏行さんと絶妙のアジのある演技だった。
次のような言葉が遺されている。

安易なマンネリを嫌い、続編やシリーズものへは一切出演しない俳優として知られていたが、「釣りバカ日誌」だけは例外。最終作の台本を読み、こう確信したという。「このせりふを言うために私は今まで出演したのだ」と。
 三国さん演じる鈴木会長が会社を去る際、全社員を前にあいさつする。《私は創業者ではあるが、この会社は私のものではない。経営陣のものでもない。…君たち社員のものだ》

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130416-00000505-san-movi

どこかの企業の経営者に聞かせたい言葉ではなかろうか。
90歳は天命でもあったのだろう。
合掌。

|

« 福島第一原発の汚染水は他に対策がないのか?/原発事故の真相(68) | トップページ | 淡路島地震と伊方原発/花づな列島復興のためのメモ(208) »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

追悼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/51252721

この記事へのトラックバック一覧です: 存在感の際立った「怪優」・三國連太郎さん/追悼(30):

« 福島第一原発の汚染水は他に対策がないのか?/原発事故の真相(68) | トップページ | 淡路島地震と伊方原発/花づな列島復興のためのメモ(208) »