« 感情失禁について/闘病記・中間報告(55) | トップページ | 田母神見解と陰謀史観/満州「国」論(10) »

2012年11月12日 (月)

田中上奏文と陰謀史観/満州「国」論(9)

史観といわれるものは多い。
その中でも「陰謀史観」という文字を目にする機会が結構多い。
はてなキーワード」には以下のような説明がある。

史観とは歴史をどういう切り口で分析するかという方法論であり、例えば唯物史観は「突き詰めれば生産手段の組織化の形態が歴史を動かすのだ」という立場で歴史を見る。
陰謀史観は、何等かの陰謀によって歴史が動かされていると見なす立場に立つ。すべての陰謀を企画している何等かの黒幕の存在を前提することが多いが、必ずしも必要ではない。
太平洋戦争ルーズベルトの陰謀だ」にしても、

  1. 第二次世界大戦に参戦できないので日本を挑発して戦争を誘発させた」だけで終わる場合
  2. 「実は当時の合衆国上層部には大量のソヴィエトのスパイが入り込んでいて、彼らに操られて合衆国は戦争に突入したのだ」
  3. ルーズベルトユダヤ国際陰謀結社によってコントロールされていたが(中略)最後は結社の邪魔になったので消されたのだ」

以上のように、これらをすべて「陰謀史観」の一言で括ることも可能だが、どちらかというと「いわゆる『陰謀史観』」としてカギ括弧付きで扱われることも多い。
なんとなれば陰謀の存在を信じてまじめに歴史を研究している当の本人からすれば、
「私の考えが
陰謀史観なのではない。従来の歴史が(故意に、もしくはたまたま)見落としていたことを研究しているだけだ」
ということになる。

上記のように、「陰謀史観」の前提となる「陰謀の事実」そのものが、きわめて検証されにくい性質のものである。
なぜならば、秘かに行われるから陰謀なのであって、それが公式に確認されれば、それはもはや陰謀とは呼ばれない。
昭和初期の歴史に関しても、「陰謀史観」は存在する。

当面の関心事である満州「国」に関してみれば、「田中上奏文」なるものの存在が挙げられる。
田中義一総理大臣が、天皇の勅旨に応じて提出したという形の文書である。
Wikipediaによれば、大略以下のようなものである。

田中上奏文(たなかじょうそうぶん)は、昭和初期にアメリカ合衆国で発表され、中国を中心として流布した文書である。
日本の歴史家の多くは怪文書偽書であるとしている。田中メモリアル・田中メモランダム・田中覚書とも呼ばれ、中国では田中奏摺、田中奏折と呼ばれる。英語表記はTanaka Memorialである。
田中上奏文は、その記述によれば第26代
内閣総理大臣田中義一1927年昭和2年)、昭和天皇へ極秘に行った上奏文であり、中国侵略・世界征服の手がかりとして満蒙(満州蒙古)を征服するための手順が記述されている。松岡洋右重光葵などの当時の外交官は、日本の軍関係者が書いた文書が書き換えられたものではないかと見ていた。田中上奏文を本物であると考える人は現在でも特に日本の国外に存在する。

この文書で特に有名なのは、次のくだりである。

支那を征服せんと欲せば、先ず満蒙を征せざるべからず。世界を征服せんと欲せば、必ず先ず支那を征服せざるべからず。(中略)之れ乃ち明治大帝の遺策にして、亦(また)我が日本帝国の存立上必要事たるなり。

秦郁彦『陰謀史観』新潮新書(1204)には、次のようにある。

 いわゆる田中上奏文は明白な偽書とはいえ、スケール、生命力、影響力のどれをとってみても、日本が関わった陰謀史観中の白眉と評してよいだろう。
p23

田中上奏文は、真贋論争としては、秦氏のいうように既に決着がついているのであろう。
しかし、歴史の教訓としては、現在でも意味を持っているのではないか?
たとえば次のような記述を見てみよう。

 5月15日に放送された「さかのぼり日本史 昭和 “外交敗戦”の教訓」の第3回は「国際連盟脱退 宣伝外交の敗北」と題し、国際連盟脱退に至った経緯をとりあげている。ゲストは服部龍二・中央大学教授。番組の焦点は田中上奏文をめぐる松岡洋右と顧維鈞の駆け引き。顧が論拠とした田中上奏文を松岡が「そのような文書が天皇に上奏された事実はない」「もし本物だというならその証拠を提出してもらいたい」と反駁。本国に連絡し「本物である証拠は提出できない」と回答された顧は「そのような証拠は日本のしかるべき地位の者にしか入手できない」と取り繕ったうえで、「証拠はともかく、この問題についての最善の証明は今日の満州で起きている現状である」と、現実が田中上奏文を裏付けているという主張へとシフト。だがこの論争が欧米で報道されるたびに、日本の軍事行動が印象づけられることになった、と。その結果、リットン報告書よりも日本に厳しい対日勧告案が可決されることとなる。
http://d.hatena.ne.jp/Apeman/20120516/p1

田中上奏文には、記述の誤りもあって偽作されたものであることは疑えないが、張作霖爆殺事件、満州事変、日中戦争などの推移は、上奏文に書かれていたことを裏付けるかのように進んでいった。
それが、東京裁判でも、国際検事局が当初「共同謀議」を前面に出そうとした理由である。
現在の中国の反日キャンペーンも、田中上奏文をホンモノとして扱っているかのような気がする。

|

« 感情失禁について/闘病記・中間報告(55) | トップページ | 田母神見解と陰謀史観/満州「国」論(10) »

思考技術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

満州「国」論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/47755183

この記事へのトラックバック一覧です: 田中上奏文と陰謀史観/満州「国」論(9):

« 感情失禁について/闘病記・中間報告(55) | トップページ | 田母神見解と陰謀史観/満州「国」論(10) »