« 活断層定義問題と大飯原発の稼働/花づな列島復興のためのメモ(154) | トップページ | 菊田均氏の戦争観と満州事変/満州「国」論(7) »

2012年10月25日 (木)

放射性物質拡散予測地図をどう生かすか?

原子力規制委員会が原発事故時の放射性物質拡散予測地図を公表した。
避難の必要な高線量がどう拡散していくかをシミュレーションしたものである。
道府県が原子力防災の重点区域を設定する際に、参考資料として役立てることを目的としている。
ただ、予測には地形データを用いていないし、飛散する方向も放出開始時点の風向きが1週間続くと仮定するなど、実際に即した精度の改善が必要であるとされる。

ともあれ、シミュレーション結果が公表されたことは前進であろう。
問題は、運用である。
福島第一原発事故において、せっかく巨費を投じて製作された緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)が、肝心の時に有効に活用されなかった。
有効に活用されないばかりか、菅政権は、故意に隠蔽した疑いがある。
⇒2011年4月30日 (土):小佐古・内閣官房参与が辞任/やっぱり菅首相は、一刻も早く退陣すべきだ(19)
⇒2011年9月11日 (日):政府による「情報の隠蔽」は犯罪ではないのか
⇒2011年7月 5日 (火):官邸は誰の責任で情報を隠蔽したか?/原発事故の真相(4)

その検証は、まだ十分になされたということを聞かない。
⇒2012年5月29日 (火):依然として不明朗な「藪の中」/原発事故の真相(32)

シミュレーションをどう生かすのか?
静岡県には、浜岡原発がある。
事故後1週間の積算被ばく量が100mSvに達する地域と、30km圏(緊急防護区域)とがほぼ一致した。
Ws000000
静岡新聞121025

自治体が地域防災計画を作成するのは、30km圏とされている。
121025
日本経済新聞121025

当然のことながら、30km圏と自治体の区分は異なっている。
浜岡原発の場合、焼津市、島田市、掛川市、磐田市等では、30kmの境界が市の内部にある。
実際問題として、30kmで線引きなどできないであろう。

また、規制委は、事故時の緊急モニタリングが重要だとしている。
福島の場合には、モニタリングポストが使えない箇所が多かった。
大規模地震の時に、機能しないでは意味がない。
せめて、地域防災計画が出揃うまでは、浜岡の再稼働はすべきではない。

|

« 活断層定義問題と大飯原発の稼働/花づな列島復興のためのメモ(154) | トップページ | 菊田均氏の戦争観と満州事変/満州「国」論(7) »

ニュース」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/47584034

この記事へのトラックバック一覧です: 放射性物質拡散予測地図をどう生かすか?:

» 今日は「世界パスタデー」 全国16原発の放射性物質拡散予測地図:原子力規制委が公表 [自分なりの判断のご紹介]
今日は何といったって 「世界パスタデー」。 ノーベル平和賞を受賞した EUやイタリアパスタ 製造業者連合会などが 合同でパスタの販売促進 キャンペーンを行って いるんだとか。 日ごろ、夜の...... [続きを読む]

受信: 2012年10月26日 (金) 00時57分

» ネットで副収入、副業のの日払いサイトが帰ってきました! [あのネットで稼ぐ高額日払いサイトが!]
自宅でできる、ネットで好きな時間に稼ぐ伝説のサイトが再び戻ってきました!是非お早めにご登録下さい! [続きを読む]

受信: 2012年10月27日 (土) 18時00分

« 活断層定義問題と大飯原発の稼働/花づな列島復興のためのメモ(154) | トップページ | 菊田均氏の戦争観と満州事変/満州「国」論(7) »