« 消費税増税に義と理はあるか?/花づな列島復興のためのメモ(92) | トップページ | 消費税増税は衆院で可決された/花づな列島復興のためのメモ(94) »

2012年6月25日 (月)

造反有理?/花づな列島復興のためのメモ(93)

6月23日付の朝日新聞社説を読んで、驚いた。

 民主党の小沢一郎元代表がみずからのグループを率い、来週の消費増税関連法案の衆院採決で反対票を投じる構えだ。
 すでに約50人が離党届に署名し、小沢氏とともに集団離党して新党結成をめざすという。
 それならそれで仕方がない。
 だが、小沢氏が「私どもの大義の旗は国民の生活が第一だ」と、造反を政策論で正当化するのは納得できない。私たちには、今回の行動は「大義なき権力闘争」にしか見えない。
 政権交代した09年総選挙で、民主党が掲げた「国民の生活が第一」の旗印は色あせた。 
・・・・・・
 震災の痛手が生々しい昨年6月、小沢氏は、菅内閣に対する不信任案に一時賛成しようとした。春には、グループの議員たちに野田内閣の政務三役や党役職の辞表を次々と出させた。
 その小沢氏がいま「公約こそ大義」と叫ぶのは、驚きを通り越してこっけいですらある

http://www.asahi.com/paper/editorial20120623.html#Edit1

要するに、小沢氏および彼に同調する者はケシカランということだろう。
論者がそう思うのは勝手だが、それを社説に書くか?
ずいぶんと「上からの目線」である。
いやしくも選挙によって選ばれた人たちである。
有権者(大衆)をバカにした朝日新聞記者(論説委員?)のエリート意識が丸出しである。

論旨も支離滅裂である。
「民主党が掲げた「国民の生活が第一」の旗印は色あせた。」のは事実かも知れない。
消費税増税を自公と談合して推し進め、福島の事故の調査結果も出ていないのに大飯原発再稼動の旗を振る野田総理こそ、「国民の生活が第一」の旗印は色あせさせているのではないか。

「色あせた」としても、「国民の生活が第一」が間違いとは言えまい。
その証拠に、野田総理も「国民の生活を守るため」大飯原発を再起動させるべきと言っている。

菅内閣の不信任案に賛成しようとしたことも、別に非とされることではないだろう。
あの時点で菅氏が退陣すべきだと考えたのは、小沢氏だけではないだろう。
多くの民主党議員がそう考えていたと思われる。
だからこそ、不信任案が可決されそうな雰囲気となって、だからこそ、奇計的な方策で切り抜けなければならない状況に追い詰められたのだ。
⇒2011年6月 2日 (木):哀しき奇兵隊内閣の末路

春の野田内閣の政務三役や党役職の辞表が、小沢氏が「出させた」ものかどうかは分からない。
これも、上記のように、辞表を出した人に失礼な言い方だとは思うが。

「「公約こそ大義」と叫ぶのは、驚きを通り越してこっけいですらある。」には、それこそ「驚きを通り越してこっけいですらある」。
野田政権が、公約から大きく後退しているのは事実である。
「公約こそ大義」ではないのか?
朝日は、何を大義だと考えているのだろう。
総理が政治生命を賭けると言っているのだから、それに盲目的に従うのが大義か?

以下は、あるクリスチャンのブログである。

 民主党は先の選挙で、<減税・政治改革天下り禁止・高速道路無料化>をマニフェストに掲げて政権を取りました。野田さんは、有名な街頭演説で「政治家国民との約束を守らなければいけない」「書いてあることは命懸けて実行する」「まして文字に書いて国民約束したことは、命をかける・・・つまり、もしやらなければ自分の命を差し出す・・・政治家を辞める」とまで明言していました。
・・・・・・
☆かの有名な「
マニフェストに命をかける」野田さんの街頭演説
http://www.youtube.com/watch?v=y-oG4PEPeGo
http://d.hatena.ne.jp/koumichristchurch/touch/20120623/p3 

学生時代、中国の文化大革命の時期に、「造反有理」というスローガンが紅衛兵によって掲げられた。
それを真似て全共闘運動などでも、よく大書されていた。
今昔の感であるが、しばしば「造反には理がある」だろう。

|

« 消費税増税に義と理はあるか?/花づな列島復興のためのメモ(92) | トップページ | 消費税増税は衆院で可決された/花づな列島復興のためのメモ(94) »

ニュース」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

花づな列島復興のためのメモ」カテゴリの記事

コメント

お前、社会保障の世話になってるんだろ?身勝手なこというな。

投稿: | 2012年6月27日 (水) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/45870490

この記事へのトラックバック一覧です: 造反有理?/花づな列島復興のためのメモ(93):

» ドラマたぶらかし主演 谷村美月  ヌード 最新写真集セクシー画像 [女優・谷村美月のセクシー動画]
人気女優のヌード 谷村美月のおっぱい [続きを読む]

受信: 2012年6月26日 (火) 03時59分

« 消費税増税に義と理はあるか?/花づな列島復興のためのメモ(92) | トップページ | 消費税増税は衆院で可決された/花づな列島復興のためのメモ(94) »