« リハビリの弁証法/闘病記・中間報告(49) | トップページ | 小沢裁判控訴の狙いは?/花づな列島復興のためのメモ(64) »

2012年5月10日 (木)

野田総理は問責閣僚をどうするのか/花づな列島復興のためのメモ(63)

消費税増税を柱とする社会保障と税の一体改革に政治生命を賭ける、と野田総理は意気込んでいる。
関連法案は、8日、ようやく審議入りしたが、果たして見通しはどうか?

成立には自民、公明両党の協力が不可欠だが、両党は問責2閣僚の更迭などを求めている。
自公が求める田中直紀防衛相、前田国交相の更迭について、野田総理は、同意しなかった。
もちろん、自らの任命責任が問われることであるから、簡単に同意はできまい。
しかし、問責が決議されたことの重み、そして中身をどう考えるのか、政治生命を賭ける前に明確にすべきではないか。

もちろん、民主党の中の意見も一枚岩というわけではないようだ。

藤村修官房長官は7日の記者会見で、前原誠司民主党政調会長が参院で問責決議を受けた2閣僚の交代が望ましいとの認識を示したことについて「1人の党幹部の発言という意味では承知しているが、執行部(全体の判断)ではないと思う」と述べた。
http://sankei.jp.msn.com/smp/politics/news/120507/stt12050714590002-s.htm

前原氏の言い分が通るかといえば、相変わらず「言うだけ番長」のようだ。
岡田副総理は、交代不要論である。

 スリランカ訪問中の岡田克也副総理は4日夜(日本時間5日未明)、問責決議された前田武志国土交通相と田中直紀防衛相について「しっかり仕事をしている。いま辞めさせる問題があったとは考えていない」と述べ、野党の更迭要求に応じない姿勢を示した。同行記者団に語った。
 岡田氏は「国会会期の真ん中で問責を出したことは今までない」と野党を批判し、「国民の立場に立ってしっかり審議していただきたい」と述べた。

http://www.asahi.com/politics/update/0505/TKY201205050275.html

奇妙な論理というべきである。
「国会会期の真ん中で問責を出したこと」が問題か?
問題は、2人が大臣としての適格性があるかどうか、である。
「しっかり仕事をしている」とは、とても思えない。

田中氏は、繰り返される珍答弁によりその能力が疑問であることは、TV映像等を通じ、お茶の間にも広まっている。
明らかに「不適材」であろう。
前田氏は、公職選挙法違反の可能性がきわめて高い。
そういう人を、大臣にしたままで、野田総理は良しとするのだろうか?

野田総理は党内基盤が弱いとされる。
そこで、輿石幹事長の意向が大きな意味を持つ。

 民主党の輿石東幹事長は20日午前、田中直紀防衛相と前田武志国土交通相に対する問責決議可決を受け「残念だが、これを機会に参院のあり方、問責決議とは一体どういうものかが問い直される」と国会内で記者団に語った。
 田中、前田両氏の交代については「毛頭ない」と否定。自民党が国会審議を拒否しても審議を進める方針については「変えない」と述べた。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120420/plc12042012120018-n1.htm

輿石氏は、民主党の参院のドンと言われてもいる。
田中、前田両氏は、参議院の所属であって、2人の問責更迭は、自身の問題でもある。
しかし、2人の適格性ではなく、「参院のあり方、問責決議とは一体どういうものか」を問題にするのでは、逆立ちしているのではないか?

 とはいえ、このまま膠着(こうちゃく)状態が続けば、消費税増税関連法案の今国会成立は絶望的となる。それだけに首相が自公の要求を丸のみし、法案成立後の「話し合い解散」を再び模索する可能性は十分ある。衆院本会議での「政治生命を懸けると言った言葉に掛け値はない」との言葉にはそんな悲壮な決意がにじむ。
・・・・・・
 そんな小沢氏に歩調を合わせるのが輿石東幹事長だ。8日の地方議員との会合で「首相が『不退転の決意で挑戦する』と訴えても実感がわかないのも事実だ」と言い放った。これでは「政権延命のためには消費税増税をあきらめるしかない」と言ったに等しい。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120509-00000086-san-pol

野田総理は、本当に政治生命を賭ける気があるのだろうか?
幹事長が、「首相が『不退転の決意で挑戦する』と訴えても実感がわかないのも事実だ」と言い放ったのなら、先ず幹事長更迭をすべきところだろうが、とてもそんな展開は予想できない。

|

« リハビリの弁証法/闘病記・中間報告(49) | トップページ | 小沢裁判控訴の狙いは?/花づな列島復興のためのメモ(64) »

ニュース」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

花づな列島復興のためのメモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/45198256

この記事へのトラックバック一覧です: 野田総理は問責閣僚をどうするのか/花づな列島復興のためのメモ(63):

» 優木まおみ プライベートハメ撮り動画 水着 ビキニ [優木まおみの最新ビキニ画像あり]
優木まおみの彼氏が撮影したものがめちゃめちゃエロいと注目されてます。とにかくスゴイです!!! [続きを読む]

受信: 2012年5月11日 (金) 06時38分

« リハビリの弁証法/闘病記・中間報告(49) | トップページ | 小沢裁判控訴の狙いは?/花づな列島復興のためのメモ(64) »