« リハビリ訓練の始まり/闘病記・中間報告(43) | トップページ | 霧島高原「まほろばの里」/闘病記・中間報告(45) »

2012年4月21日 (土)

快適な入院生活/闘病記・中間報告(44)

入院して3日目であるが、快適に過ごせそうな予感がする。
来る前はいろいろ不安もあったが、前回の入院の時とは自分自身の状態が違う。
まったく未知の事態に遭遇していた前回とは異なり、基本的には様子が分かっている。ただ、新しい場所ということと、効果の程度が分からないということだ。

それに、前回はインターネット環境がなかった。
もちろん、施設にはあったし、作業療法の一環としてパソコンは用意されていた、
しかし、患者用の利用はスタンドアロンに限定されていた。

この2年数か月の間のICTの進歩もすごいと思う。
ケータイは、スマートフォンが主流になった。
私の同世代はITリテラシーが概して低いこともあって、まだガラケーが圧倒的であるが、年若い知人はほとんどがスマートフォンを利用している。

パソコンも変わった。
タブレットをパソコンに分類するかどうかは分からないが、軽量化、高機能化して、廉価になっている。
通信機能も充実した。

私も小型パソコンを持参してきた。
WiFiとWiMAX機能を備えている。
WiFiは職員は利用しているようだが、患者にパスワードが開放されているのかどうか分からない。
しかし、WiMAXで十分である。

一方で、パソコンが安くなった分、通信コストが高くなったという問題がある。
通信関係の契約を整理して、より合理的な契約体系を考えたいと思うが、契約が複雑でやる気を失う。

まあ、外部との連絡も維持できているので、まったく遠隔地に来ている感じはしない。
入浴についても、初日に「自立」の判定をもらったので、豊富な温泉に毎日入れる。
温泉効果だけでも、麻痺に対する効能がかなりあるのではないか。
もっとも、脳卒中患者には長湯は禁物であるが。

リハビリ施設は、もともと湯治場としても有名な場所だったところが多いようだ。
伊豆にしろ霧島にしろ、昔から湯治で有名である。
霧島に来ることができたということは、休養しろということかも知れない。

食事も、1600kcalに制限され、塩分も6gで薄味なので、それなりであるが、もともと美食家ではないないのでまったく不満はない。
部屋も4人部屋であるが、お互い病人同士なので気になることもない。
個室に入ったら、かえって孤独感で不安になるのではないかと思う。
まあ、病室の相方が重篤患者だと様子は変わってくるだろうが。

というわけで、とりあえず快適に過ごさせて頂いています。

|

« リハビリ訓練の始まり/闘病記・中間報告(43) | トップページ | 霧島高原「まほろばの里」/闘病記・中間報告(45) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

闘病記・中間報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/44965050

この記事へのトラックバック一覧です: 快適な入院生活/闘病記・中間報告(44):

« リハビリ訓練の始まり/闘病記・中間報告(43) | トップページ | 霧島高原「まほろばの里」/闘病記・中間報告(45) »