« 議事録なくして、歴史の評価は可能か? | トップページ | 防雪都市化はどこまで進んだか?/花づな列島復興のためのメモ(24) »

2012年2月 2日 (木)

平等院/京都彼方此方(4)

今年のNHKの大河ドラマは『平清盛』である。
去年の11月に京都に行ったときはそんな情報には無関心だったが、京都には清盛ゆかりの場所が少なくない。
⇒2011年11月30日 (水):龍谷ミュージアム/京都彼方此方(3)
ドラマは始まったばかりで権力の階段を上るところまで至っていないが、やがて権力者となって栄華を極める。

しかし、「驕れる者は久しからず」で、平家は滅亡に向かう。
『平家物語』の盛者必衰であるが、その平家衰亡の足掛かりとなったのが以仁王の乱である。

後白河法皇の皇子の以仁王と源頼政が共謀して、王位奪回と打倒平家を企て、全国の源氏に平氏追討の令旨を発する。
源頼政は令旨を、源義朝の弟の新宮十郎行家(源行家)に全国の源氏へ配らせる。
以仁王の令旨が発覚し、平清盛は頼政一族が関わっていると知らず源兼綱に以仁王追補を命令するが、兼綱は以仁王を三条高倉殿から園城寺(滋賀県大津市にある天台宗寺門派の総本山)へ逃す。
頼政は嫡子の仲綱以下一族の軍勢を率いて以仁王と合流、反平氏の旗色を明らかにするが、平等院(京都府宇治市)の近くで平知盛や重衡率いる平氏の大軍に追いつかれ、宇治川を挟んで合戦となった。
優勢を誇る平氏軍は川に飛び込んで渡り攻め込んだ為、数の少ない頼政軍は次々と討ち死にした。
源兼綱、源仲綱、源仲家、源仲光ら討死。
頼政も傷を負い平等院の内に入り自害。
以仁王は奈良へ落ちる途中、藤原景家の軍勢に討たれた。
http://park17.wakwak.com/~anw/tns/yoshitsune/win/5.html

上記のように、宇治川の合戦で破れた源頼政が自害したのが、有名な宇治の平等院である。
去年京都に行った仲間は、中学校の修学旅行で訪れているようである。京都といえば修学旅行の定番であるが、私は小・中・高いずれも修学旅行で京都に行っていない。
京都市内からは少し離れている。どちらかといえば馴染みの薄い場所といえるだろう。
家族旅行で1度と学生時代に1度か2度で、余り鮮明な記憶はない。

昨年、久しぶりに平等院を訪れた。
JR奈良線宇治駅からは、リハビリ中の私でも歩いて行ける。
Photo_3
http://www.byodoin.or.jp/haikan.html#access

百人一首に次の歌がある。

わが庵は都のたつみしかぞすむ世をうぢ山と人はいふなり  

作者は喜撰法師であるが、その実像は不明である。
たつみは、東南であり、下図で見るように宇治は平安京の東南に位置している。
Photo
http://www.keihan-uji.jp/history.html

平等院の鳳凰堂は、阿弥陀如来像が安置されている中堂と、左右の翼廊、背面の尾廊からなる。
建物自体が羽根を広げた鳳凰の姿に似ていること、建物の大屋根に鳳凰が飾られていることから鳳凰堂の名前がついた。
平等院を代表する建物であり、レイアウト的にも中心である。
Photo
http://www.byodoin.or.jp/tanbou-byoudouin.htm

側正面中央の扉を開放すると、柱間の格子は本尊の頭部の高さに円窓が開けられており、建物外からも本尊阿弥陀如来の面相が拝せるようになっている。
安野光雅さんの「洛中洛外」の平等院は、この構図で描いている(産経新聞111002掲載)。
阿弥陀如来の住する極楽浄土は西方にあると信じられており、池の東岸(あるいは寺の前を流れる宇治川の東岸)から、向かい岸(彼岸)の阿弥陀如来像を拝するように意図されたものであるといわれる。
Photo_4
http://sankei.jp.msn.com/life/news/111002/art11100203510000-n1.htm

鳳凰堂が10円硬貨のデザインに用いられているので、日本人には最も見覚えがある建物の1つだろう。
10jpy
Wikipedia

その阿弥陀如来坐像の耳が、別の部材で作られていたことがわかった、と先頃報じられた。

Photo_3平等院(京都府宇治市)は14日、寄せ木造りの本尊・阿弥陀如来坐像(国宝、1053年)の制作過程で、頭部の後ろ半分を切って下にずらし、耳の位置を下げる微調整をしていたことが分かった、と発表した。寄せ木造りでは、鎌倉時代初期に運慶、快慶が芸術性を高める微調整を始めたとされていたが、同坐像の構造解明で、この手法の始まりが約150年さかのぼることになった。
平等院は「顔のバランスが悪かったため、途中で修正したのではないか」と推測する。
・・・・・・
同坐像の頭部から胴体にかけては、前半分、後半分とも2本ずつの角材(一辺約40センチ)で作られている。ところが、前半分は頭部と胴体がつながっているのに、後ろ半分は、頭部を一旦切り離して2センチ下にずらし、再接合していた。これによって前頭部側の耳(耳の前半分)が後頭部側より高くずれたため削り取り、別の部材を後頭部側に合わせて張り付けていた。ずらしたことで後ろ半分がくぼんだ頭頂部も別の部材で埋めていた。
寄せ木造りでの微調整について、浅湫毅(あさぬま・たけし)・京都国立博物館研究員は「造形過程における細やかな変更は、東大寺南大門の仁王像(運慶)など鎌倉時代の仏師による事例がよく知られているが、同様の微調整が定朝の頃に既に行われていたとは興味深い」としている。

http://mainichi.jp/enta/art/news/20111215k0000m040121000c.html

阿弥陀如来座像は、仏師定朝によって平安時代後期、天喜元年(1053)に造られたものとされる。
頬がまるく張った円満な顔の表情は、やさしさにあふれていて、自然である。
できあがっていた仏像の「顔のバランスの修正」とは、現代で言えば美容整形ということになろうか。癒やしを与え続けてきた仏像も、いろいろ苦労はあったんだなあと思うと、何となくユーモラスな感じもする。
2
『平等院/週刊古寺を巡る13』小学館(0705)

宇治は、『源氏物語』の「宇治十帖」の舞台である。
また冒頭に記したように、宇治川は源平合戦の古戦場として有名である。
治承4年(1180)5月、源頼政は反平家の旗を揚げこの地で戦ったが、平重衛の軍勢に敗れて平等院で自害した(『平家物語―橋合戦』)。
能の『頼政』として有名である。
頼政は、平等院内で自決するが、浄域を血で汚さないために軍扇を敷いたといわれる。
「扇の芝」として、現存する。

「橋合戦」の主要な舞台となった宇治橋は、大化2年(646)に初めて架けられたと伝えられる。
由来を記した石碑-宇治橋断碑は、日本現存最古の石碑のひとつである。

|

« 議事録なくして、歴史の評価は可能か? | トップページ | 防雪都市化はどこまで進んだか?/花づな列島復興のためのメモ(24) »

ニュース」カテゴリの記事

京都彼方此方」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/43391080

この記事へのトラックバック一覧です: 平等院/京都彼方此方(4):

« 議事録なくして、歴史の評価は可能か? | トップページ | 防雪都市化はどこまで進んだか?/花づな列島復興のためのメモ(24) »