« 諏訪大社(7)三嶋大社との関係/やまとの謎(46) | トップページ | オリンパスにかすかに点った希望の灯 »

2011年11月19日 (土)

古代出雲(1)青銅器の分布圏/やまとの謎(47)

諏訪大社本宮の祭神はタケミナカタノミコトである。
⇒2011年11月 3日 (木):諏訪大社/やまとの謎(40)
そして、タケミナカタノミコトは、『古事記』の中のいわゆる出雲神話といわれる部分に登場する。

『古事記』の神話のおよそ三分の一は、「出雲神話」がしめている。その「出雲神話」の中心的なテーマは、大国主の命の「国譲り」の話である。大国主の命の領していた「葦原の中国」を、高天の原勢力に譲ったという話である。
「出雲の国譲り」の話は、『古事記』に記されているばかりでない。『日本書紀』『出雲国風土記』『出雲の国造神賀詞』などでも語られている。

安本美典『衝撃の古代出雲―加茂岩倉遺跡と邪馬台』産能大学出版部(9712)

私が学校で教わった頃は、弥生の青銅器文化について、2代文化圏ということが言われていた。
和辻哲郎が唱えた説だそうであるが、不動の定説のように教科書に載っていた。
Photo
http://blogs.yahoo.co.jp/shigechanizumo/45497377.html

国譲りなどの出雲神話は、どのような歴史的事実を反映しているのか(あるいはしていないのか)?

今から20年前の昭和59年(1984)年8月17日、島根県簸川(ひかわ)郡斐川(ひかわ)町神庭西谷(かんばさいだに)に位置する荒神谷の広域農道予定地から、それまで国内で発見された総数を上回る358本もの銅剣が一カ所から出土した。翌年には、銅剣埋納地からわずか7~8m離れたところから、今度は銅鐸6個と銅矛16本が発見された。これらの青銅製祭器が古代出雲の地で大量に発見されたことで、それまでの考古学の常識が覆されたことは今だに記憶の底に残っている。
弥生時代に、鉄器と青銅器とがほぼ同時期に日本列島に伝わったとされている。青銅は銅と錫の合金であり、各種の利器や祭器が作られた。青銅製の銅鐸は稲作農耕の祭りのとき神を招くための鐘として、また青銅製の銅剣や銅矛・銅戈は悪霊を追い払う祭りの道具として使われたと言われている。こうした青銅製の武器型祭器の分布は、弥生時代の文化圏のを示す指標として用いられてきた。すなわち、銅鐸は近畿地方を中心に分布し、銅剣・銅矛は九州北部を中心に分布するとされてきた。
だが、神庭荒神谷遺跡と命名されたこの地から銅鐸と銅矛が同時に出土したことで、「"銅鐸"は近畿、"銅剣・銅矛"は九州」という従来の学説("弥生時代の青銅器二大分布圏")は通用しなくなった。さらに驚くべき発見があった。平成8年(1996)の10月、この遺跡から南東約3.4kmの地点にある加茂岩倉で、今度は39個という大量の銅鐸が見つかり、出雲は全国最多の銅鐸保有国になった。神庭荒神谷遺跡と加茂岩倉遺跡の存在で、古代の出雲は青銅器王国だったことが明らかとなり、強大な政治勢力の存在が想定されている。

http://bell.jp/pancho/travel/izumo/kojindani%20iseki.htm

つまり、荒神谷と加茂岩倉の発掘事実が、それまでの揺るぎない定説とされた「青銅器2大文化圏」というパラダイムを打ち砕いたのである。
出雲国は下図の位置であるから、2大文化圏の間あるいは重なったところであるといえる。
Photo_2
Wikipedia出雲
これらの考古学的な事実と神話に記されている話はどう関連するのか?
安本美典氏は上掲書で、次のように書いている。

出雲の神庭荒神谷遺跡から、358本もの大量の銅剣が出土し、さらに加茂岩倉遺跡から39個もの大量の銅鐸が出現した。素朴に、大きく考えるとき、「出雲の国譲り」神話と関係しているのではないか、とだれしも考えそうなものである。
が、「専門家」は、そうは考えない。いたずらに複雑に考えて、問題を不透明にしているようにみえる。

安本氏は・その理由として以下を挙げる。

一つには、銅鐸の製作年代や埋納年代の問題がある。銅鐸は、年代をきめる手がかりにとぼしい。たとえば、銅鐸が、弥生時代の土器といっしょにでてくれば、土器が年代をきめる有効な手がかりとなりうる。しかし、銅鐸は、ほとんどのばあい、銅鐸だけが出土する。
加茂岩倉遺跡のばあいも、弥生土器は、かけらも出土しなかった。そのため、一般の人には、ちょっと信じられないことであるが、銅鐸の推定年代が、学者や学説により、ときとして数百年もちがうのである。
いま一つには、『古事記』『日本書紀』などの神話は、後世のつくり話とする津田左右吉の説が、第二次大戦後、日本の古代史学界を風靡したという問題がある。
第二次大戦中に、本居宣長派のいわゆる皇国史観にもとづき、『古事記』『日本書紀』の、不合理な記事までも、そのまま信ずべし、とする教育が行なわれた。
戦後には、その反動がきた。
『古事記』『日本書紀』の神話に、「おぼろげな形でも史実の核があるのではないか」とする見解は、「それは、皇国史観にもとづくものだ」という批判をうけがちとなった。
そのため、学者は、うかつには、神話の研究に手をだせなくなった.神話の研究をさけるようになった。

『古事記』や『日本書紀』に書かれていることを金科玉条のように考える皇国史観は現時点でみれ不合理なものだろう。
しかし、、『古事記』や『日本書紀』に書かれていることを、荒唐無稽な神話として全て否定してしまうのも如何なものだろうと素人でも考える。
出雲には、それまでの常識を覆すような考古学的事実があったのだ。

|

« 諏訪大社(7)三嶋大社との関係/やまとの謎(46) | トップページ | オリンパスにかすかに点った希望の灯 »

やまとの謎」カテゴリの記事

日本古代史」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/42929009

この記事へのトラックバック一覧です: 古代出雲(1)青銅器の分布圏/やまとの謎(47):

« 諏訪大社(7)三嶋大社との関係/やまとの謎(46) | トップページ | オリンパスにかすかに点った希望の灯 »