« 皇統と皇太子の位置/やまとの謎(39) | トップページ | 2号機の真実は?/原発事故の真相(9) »

2011年10月 1日 (土)

松原景観受難の年/花づな列島復興のためのメモ(7)

「白砂青松」という言葉がある。
日本人が好む景観の代表だろう。

白砂青松と表現される景観は、以下に示されるような各種の理由により減少している。

  • 砂防工事・ダム設置などにより河川からの土砂の流入が減少し、海岸浸食が進行した。
  • 波浪対策、また上記のような海岸浸食対策として、防潮堤の整備や消波ブロック類の設置が広範に進められた。
  • 開発にともなう海面の埋め立てや道路の敷設・拡幅など
  • マツクイムシによる松林の衰退・消滅など

また、人為的なものの場合、維持管理の放棄による荒廃と遷移の進行が考えられる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E7%A0%82%E9%9D%92%E6%9D%BE

東日本大震災では、高田松原が1本だけを残して全滅した。
⇒2011年6月 9日 (木):宮脇昭氏の講演と「ぬまづの森」の試み
上記でも紹介した「千本松原」(沼津市から富士市にかけての海岸線沿いに広がっている)が、台風15号により大きな被害を受けた。
111001
静岡新聞111001

千本松原の一部に千本浜がある。
私が子供のころは、たくさんの海の家があり、夏のシーズンには海水浴客で賑わっていた。
高校時代には、部活動で、砂浜のランニングにより足腰の鍛錬をした。
⇒2007年11月 5日 (月):私の『夏草冬涛』

私にとっては思い出深い場所であるが、現在は防潮堤が作られていて昔日の面影はない。
Photo_3
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E6%9C%AC%E6%B5%9C
それでも、後年、会社の親睦行事で、「地引網→バーベキュー」などを家族ぐるみで楽しんだりした。

千本浜や千本松原は、若山牧水、井上靖、明石海人(『白猫』で知られるハンセン病歌人)、大岡信、佐藤雅彦(電通出身の「だんご三兄弟」のクリエイターで知られる慶應大学教授)らの著名人に愛され、文学碑も数多く建てられている。

Photo_2
千個の海のかけらが 千本の松の間に挟まっていた 少年の日 私は毎日それを一つずつ食べて育った
井上靖文学碑

http://www.itscom.net/special/numazu/
⇒2011年6月 5日 (日):沼津における津波の歴史

台風被害を含め今年は水の害が多い。
⇒2011年9月22日 (木):台風15号と国土の条件/花づな列島復興のためのメモ(5)
景観は生態系や文明系の「見える化」ということではなかろうか。
景観を守り育てていくことは、将来世代に対する責任であろう。

|

« 皇統と皇太子の位置/やまとの謎(39) | トップページ | 2号機の真実は?/原発事故の真相(9) »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花づな列島復興のためのメモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/42171471

この記事へのトラックバック一覧です: 松原景観受難の年/花づな列島復興のためのメモ(7):

« 皇統と皇太子の位置/やまとの謎(39) | トップページ | 2号機の真実は?/原発事故の真相(9) »