« 富士六湖の水文学/花づな列島復興のためのメモ(6) | トップページ | 尖閣諸島中国漁船衝突事件の真相は? »

2011年9月27日 (火)

今年の俳句甲子園/私撰アンソロジー(7)

子規の故地松山で、毎年8月に「俳句甲子園(全国高等学校俳句選手権大会)」が開催される。
⇒2010年8月30日 (月):俳句甲子園
啄木の盛岡での短歌甲子園と同様である。
⇒2011年9月18日 (日):高校生と震災と短歌/私撰アンソロジー(6)

今年の「俳句甲子園」は、昨年に続き開成高校が2連覇を果たした。
Ws000007
http://www.haikukoushien.com/history/14th/index.html

14th
http://www.47news.jp/CN/201108/CN2011082101000607.html

開成高校といえば屈指の進学校として知られる。
俳句を知的ゲームと考えれば、開成高校のような学校が優勝するのは分からなくはない。
今年は14回目であるが、開成高校は過去13回のうち、5度優勝している文字通り強豪校である。
「週刊ポスト」110930では、「俳句界のPL学園」と呼んでいるが、それは開成高校がハードな練習(合宿や練習試合の遠征など)を受験勉強と両立させているからである。

しかし、上図に見るように、必ずしも楽勝したわけではない。
敗者復活戦を勝ち上がってきたのである。
サイトに個人賞が掲載されている。
好みでピックアップしてみよう。
Ws000006
高校生といえども、名を伏せてみれば一流の俳人と無差別のように思われる。
桑原武夫の『第二芸術論』を思い出すが、俳句が第一芸術であろうが、第二芸術であろうがどうでもいいのではないか、と思う。
⇒2007年8月25日 (土):第二芸術論再読

|

« 富士六湖の水文学/花づな列島復興のためのメモ(6) | トップページ | 尖閣諸島中国漁船衝突事件の真相は? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

私撰アンソロジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/41895862

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の俳句甲子園/私撰アンソロジー(7):

« 富士六湖の水文学/花づな列島復興のためのメモ(6) | トップページ | 尖閣諸島中国漁船衝突事件の真相は? »