« 日本人はムー大陸から来た?/やまとの謎(36) | トップページ | 代通寺の蓮の花と大井川の蓬莱橋 »

2011年7月16日 (土)

伊豆でのんびりと

久しぶりに伊豆でのんびり過ごした。
孫のRクンが自分の荷物を背負えるようになったこと、私の歩行が杖なしでも不安感が小さくなったので、昨日から一緒に伊豆の海辺に1泊旅行に出かけた。
息子たちは東京から、スーパービュー踊り子号に乗ってきた。
Rクンは、ずいぶん前からこの電車を楽しみにしていたそうだ。
私たちは熱海から合流した。
Rimg03842

宿泊は、北川温泉のつるや吉祥亭。
ずい分前に、会社関係の旅行で泊まったことがあるが、その時はずっと宴会モードで過ごしたのであまりはっきりした記憶はない。その時は別館だったが、今回は本館である。
本館はシーサイドに建っているので、津波が来たら……、と思ったが結構な賑わいだった。
Photo

暮れなずむ夏の夕から夜にかけてのひと時は、私が一番好きな時間である。
海を感じながら、その時間帯を、妻も今日ばかりはカロリーやビールの制限についてウルサイことを言わない約束で、美味を堪能した。
Photo_2
津波のことを話題にしていたら、夜かなり大きな地震があってびっくりした。
TVでは栃木県真岡市で震度5弱と言っていた。

今日はRクンが楽しみにしていた稲取のアニマルキングダムへ行った。旧名は、伊豆バイオパーク。
大学時代の同級生たちと稲取ゴルフクラブでプレーしてからもう20年くらい経つだろうか。働き盛りだった彼らも、第一線を退いたことだろう。
海を見下ろす眺めのいいコースだった。

アニマルキングダムは、ゴルフ場の手前にある。
Photo_3
一種のサファリーパークを中心とした複合施設であるが、面白いのは、普通は車の中から動物たちを見るのが、ここは動物たちの中を歩いて行く、というコンセプトで構成されていることである。
人間の歩行エリアが、細長い檻(人が入る)になっていると考えればいいだろう。
幼児でも安心して猛獣類を観察できる。
2

動物の種類は結構豊富だが、最大の売りものはホワイトタイガーだろうか。
2
インド北東部のベンガル地方産とのことである。
王者の風格と言えようか。

昼食は稲取の港へ行った。
壊滅的な被害を受けた東北の漁港も似たようなたたずまいの港町だっただろう。
稲取といえば、金目鯛と吊るし雛が有名である。
金目と地魚のお任せ握りを頼んだ。
2_2
シャリがそんなに大きくないのだが、満腹感があった。
金目の味噌汁は、出汁が良くきいて旨かった。
Rクンもご機嫌で帰途についた。

|

« 日本人はムー大陸から来た?/やまとの謎(36) | トップページ | 代通寺の蓮の花と大井川の蓬莱橋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/40837627

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆でのんびりと:

« 日本人はムー大陸から来た?/やまとの謎(36) | トップページ | 代通寺の蓮の花と大井川の蓬莱橋 »