« 東電株主総会と民主党両院議員総会 | トップページ | 日本人のルーツと旧石器遺跡捏造事件/やまとの謎(33) »

2011年6月30日 (木)

黒曜石の産地と利用地/やまとの謎(32)

小学生の頃、近所の山麓の畑地などで、石の鏃を拾って遊んだ記憶がある。
今にして思えば、黒曜石製のものも混じっていたような気がする。
そういう経験からして、黒曜石というのは、どちらかといえば普遍的な材料だろうと思っていた。
ところがそうでもないらしい。
Wikipedia110627最終更新には次のようにある。

黒曜石は特定の場所でしかとれず、日本では約70ヶ所以上が産地として知られているが、良質な産地はさらに限られている。

その限られた産地と、利用地がかなり離れている。
八ヶ岳山麓に、旧石器遺跡群がある。
Photo
図の中央部分左寄り部分に矢出川遺跡がある。
この遺跡から黒曜石石器が出土している。

矢出川遺跡から出土した黒曜石細石刃石核を蛍光X線による産地分析をした結果、写真の5点が、はるか太平洋上に浮かぶ伊豆7島のひとつ神津島産の黒曜石でできていることが判明しました。この地域で八ヶ岳や和田峠の近場の黒曜石を利用していることはわかります。しかしなぜ、200kmもの距離をおいて、野辺山の地まで神津島の黒曜石が運ばれたのでしょう。当時は氷河期で100m以上の海面低下が起きていたとしても、神津島と本土は陸続きにはならず、舟でなくては渡れません。ここに最大のミステリーがあります。私たちの想像以上に,発達した社会的関係を旧石器人はもっていたのでしょうか。
黒曜石の謎

神津島産の黒曜石というのは、限られた産地の中でも極上のいわばブランド品だったらしい。

日本において黒曜石の産地同定研究が開始されて間もない一九七四年、産地同定研究のフロンティアである鈴木正男博士は、神奈川県月見野遺跡のおよそ二万年前の旧石器時代文化層から発掘された黒曜石が、海上を渡って神津島からもたらされたものであるとの産地同定結果をいち早く表明した。これは当時、人類最初の海洋交易といわれた九千年前の地中海の事例を倍近く遡らせる重大な問題提起でもあった。
・・・・・・
さらに神津島から二〇〇キロメートルの距離を隔てた内陸部の山梨県横針前久保遺跡からも、後期旧石器時代初頭の局部磨製石斧に伴って、神津島産の黒曜石が確認されている。
海を渡った黒曜石

旧石器時代の舟といえば、せいぜい丸木舟であろう。
それで果たして大洋を航海できるのだろうか?
神津島産の黒曜石の利用地の分布は下図のようである。
Photo_2
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn1/001honnronn_09_1kokuyouseki_umi.html

伊豆半島 や静岡・神奈川県などはともかく、能登半島にまで広がっている。
陸路で運んだのか? それとも本州を迂回して海路で運んだのか?
フォッサマグナ=暘谷説の米田良三さんは、自説のエビデンスの1つに黒曜石の利用地の分布を挙げている。
たしかに、フォッサマグナが海峡であったならば、八ヶ岳山麓にでもあるいは能登半島へでも、運搬はさほど困難とは言えない。
⇒2011年4月23日 (土):暘谷(フォッサマグナ)論/やまとの謎(30)

|

« 東電株主総会と民主党両院議員総会 | トップページ | 日本人のルーツと旧石器遺跡捏造事件/やまとの謎(33) »

やまとの謎」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/40594940

この記事へのトラックバック一覧です: 黒曜石の産地と利用地/やまとの謎(32):

« 東電株主総会と民主党両院議員総会 | トップページ | 日本人のルーツと旧石器遺跡捏造事件/やまとの謎(33) »