« 「おひとりさま」志向と「カセギとツトメ」 | トップページ | 政府は、誰に対し、何を謝罪するのか? »

2010年11月 8日 (月)

藤原京はなぜ捨てられたのか?/やまとの謎(6)

奈良時代というのは、通常710年の平城京遷都以後のことを指す。
それ以前は、現在の橿原市のあたりにあった藤原京を都としていた。
この時代の大局観を持つために、大づかみに年表と地図をみてみよう。
Photo
別冊宝島『古事記と日本書紀』宝島社(1001)

上表の710年つまり1300年前に1つの区切りがあったとしていいだろう。
しかし、694年に藤原京に「遷都」してわずか14年後のことである。
藤原京は、わが国で初めての恒久的な都を意図して造営したいわれる。
⇒2008年1月 2日 (水):藤原京の造営
⇒2008年1月 3日 (木):藤原京の規模
⇒2008年1月 4日 (金):藤原京の立地

藤原京は、天の香具山、畝傍山、耳成山の大和三山に囲まれた藤原宮を中心とする。
蘇我氏や物部氏などが政争を繰り広げた飛鳥とも近い。
壬申の乱に勝利した天武天皇は、大津から飛鳥に戻った。
そして、一代限りの「宮」とは異なる「京」の建設を構想したといわれる。

藤原京に比べれば、平城京は縁の薄い土地だったといえる。
藤原京は、なぜ性急にすてられたのか?
あるいは、平城遷都をしなければならない理由はなんだったのか?

2

|

« 「おひとりさま」志向と「カセギとツトメ」 | トップページ | 政府は、誰に対し、何を謝罪するのか? »

やまとの謎」カテゴリの記事

日本古代史」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/37568854

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原京はなぜ捨てられたのか?/やまとの謎(6):

« 「おひとりさま」志向と「カセギとツトメ」 | トップページ | 政府は、誰に対し、何を謝罪するのか? »