« 宮本光晴氏の読み/江藤淳の『遺書』再読(5) | トップページ | 民主党の代表選結果の感想(続) »

2010年9月15日 (水)

民主党の代表選結果の感想

民主党の代表には、菅直人氏が選ばれた。
総理大臣にも菅氏が就任することになる。
開票結果は以下の通りだった。
Photo_2 
今週中にも閣僚や党人事が決まるということであり、私たちは、とりあえずそれに委ねるしかない。

今回の選挙では、マスメディアの報道の傾きが顕著だった。
<小沢氏批判=菅氏に肩入れ>という図式である。
そのような中での、この結果をどう見るか?
国会議員がほぼ等分されているのに比べ、党員・サポーター票は約5倍という大差がついている。
これを、民意と称するのであろうか?
民主党国会議員は、民意と異なる判断をしたということか?

渡部恒三氏などは、全体として世論に違わぬ結果である、としている。
党員・サポーターが、国民の偏りのない反映だとしたら、そうも言えるだろう。
しかし、国の有権者全体を母集団として考えた場合、党員・サポーターという集団が偏りがないとは言い切れない。
というよりも、特定の主義主張を反映しているだろうから、偏りがあると考えた方が妥当ではないだろうか?
民主党の代表を選ぶだけだったら特に問題にすることもないだろう。
しかし、事実上総理大臣を選ぶ選挙である。
代表選の有権者の範囲について、再考を要するだろう。

それは置いておくとしても、一国民としては納得し難い点が少なからずあった。
第一に、選択肢が菅氏と小沢氏しかなかったことである。
そもそも、政局的混迷の根本要因は、参院選における民主党の大敗にある。
衆参のねじれ現象が容易に想像され、国会運営はきわめて難しいものとなるだろう。

その参院選の責任は誰が負ったのか?
菅氏は政権の座に居続けた。
代表選に勝利したことによって、いわゆる“みそぎ”を済ませたことになるのだろう。
枝野幹事長の処遇は現時点では分からないが、今さら参院選の責任論を持ち出す人はいないだろう。

参院選から2ヵ月以上が過ぎるが、この間日本の内閣はほとんど機能していなかったといっていいだろう。
田中秀征氏は、菅首相が参院選の結果にもかかわらず引責辞任を回避したことが、小沢氏出馬を誘発し、空白と混乱と不毛な選挙を招いたとして、次のように的確に指摘している。

代表選での菅首相の勝因は、その資質や政策への積極的な期待とは思えない。勝因を2つ挙げれば、小沢氏の不人気と「首相がころころ代わるのは好ましくない」という世論だ。こんな消極的な支持で政権運営をできるのか。不安は消えない。
……
首相の「後追いの現実主義」では到底乗り切れない局面だ

日本経済新聞100915

菅氏の自分の責任を棚上げした代表戦出馬表明と、それを追認した有力議員たちには、真剣に国民の声に耳を傾ける姿勢が感じられなかった。
確かに、コロコロ首相が替わるのは見栄えのいいものではない。
しかし、不適格な人が続けるほうが、もっと具合が悪い。
⇒2010年8月27日 (金):カン違いしたのは、菅首相かわれわれか?

菅氏と小沢氏の調整を試みた鳩山氏など、幕間に登場するピエロのようだった。
⇒2010年8月31日 (火):いまさら「トロイカ体制」か?

また、屋山太郎氏も次のように書いている。

もともと今回の代表選は「器量のない人」と「資格のない人」との戦いといわれてきた。
……
菅氏は財務相時代から財務官盧に洗脳され、国家戦略局を「室」に落とし、さらに「シンクタンク」で良いといい出している。予算の一律削減といい、補助金の交付金化反対といい、菅氏は完全に財務省路線に乗せられている、国会議員はそれが見えるからこそ、小沢氏支持に回ったのだ。『国家戦略局」を早急に創設し予算の全面組み替えをやるべきだ。

静岡新聞100915「論壇」

私も同様の感想を記したばかりである。
2010年9月11日 (土):菅首相続投で、本当にいいのだろうか?
菅政権の前途は多難だと思われる。

|

« 宮本光晴氏の読み/江藤淳の『遺書』再読(5) | トップページ | 民主党の代表選結果の感想(続) »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

いつも感心して読ませていただいています。お身体も順調に回復されているよし、何よりです。今回の民主党代表選の結果について私は是です。理由はほとんどの方と同じで、管さんの評価に関しても同意見です。ただ一つ参議院選挙の民主党大敗の要因については反対意見です。あれは「鳩山さん・小沢さんのカネ問題」「鳩山民主党政権への裏切られ」「谷亮子をはじめとする小沢指示参院候補への不快感」が主原因だと思います。つまり鳩山さん・小沢さんの責任を菅さんの責任に摩り替えたもので、他の人が代表を勤めていたらもっと悲惨な結果になっていたかも知れません。往々にして日本人はその直前の責任者の失敗を、現責任者に求めるという誤った慣習があるのではないでしょうか?ちなみに私は今回以外はずっと小沢さん支持で来ています。

投稿: リロン | 2010年9月16日 (木) 15時25分

リロン様

コメント有難うございます。

>お身体も順調に回復されているよし
お陰さまで、大勢の人の情の賜物と思います。

>「鳩山さん・小沢さんのカネ問題」「鳩山民主党政権への裏切られ」「谷亮子をはじめとする小沢指示参院候補への不快感」が主原因だと思います。
主原因のご指摘については異論がありません。
ただ、私は「そういう状況を踏まえて菅氏が代表として戦った選挙」の責任は、先ず菅氏が負うべきと考えるものです。

私には(国民の大多数も)選挙権がないし、選択肢が菅氏と小沢氏しかない選挙で、総理大臣が決まってしまうのは如何なものかという気がします。事実上、党員・サポーターの票が決定的だったことになりますが、彼らには党代表を選ぶ権利や資格があるかも知れませんが、総理大臣は?

投稿: 管理人 | 2010年9月16日 (木) 16時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/36754122

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の代表選結果の感想:

« 宮本光晴氏の読み/江藤淳の『遺書』再読(5) | トップページ | 民主党の代表選結果の感想(続) »