« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月25日 (日)

「恐竜の脳」の話(1)最近の政局をめぐって

リハビリ病院における私の主治医は、西大條学(ニシオオエダマナブ)というドクターである。
西大條先生の書かれた本に、『「恐竜の脳」で生きる/野生への回帰が人を強くする』太陽企画出版(9310)がある。
将棋の米長邦雄氏との対論「勝負と国家と脳と人生」(掲載誌不明)のコピーを頂き、簡単に読後の感想を述べ、他にも読んでみたいのだが……、と申し出たところ、上掲書をプレゼントされた。

「まえがき」から、同書の意図と思われるところを引用すると、以下の通りである。

 人間の脳は単純にいうと新しい脳(新皮質、つまり人間の脳)と古い脳(脳幹、旧皮質、つまり恐竜や爬虫類、哺乳類の脳)の二つに分けることができます。
 現在のような、世界経済が歴史的に大きく変化する時代は、新しい脳で編みだされた経済学では限界があり、古い脳の働きを考慮に入れなければ何もみえてこないという考えを示したのです。
 そして、それは経済だけではなく、政治、文化、家族、健康など人間のすべての営みについて問い直さなければならない問題でもあります。というのも、近代文明は、理性や知性を司る新しい脳を追求することによって、今日のような進歩した社会を作りだし、物質的には恵まれた反面、人々は心の豊かさを失い、ストレスの洪水の中で溺れかかっているという状況を作りだしたからです。
 これは、新しい脳に偏り過ぎた結果です。いま必要なのは、これまでないがしろにしてきた古い脳を見直すことなのです。

93年10月という発行時点からして、本書が書かれたのは、バブル崩壊後、「そのうち回復するさ」とタカを括っていた経済状況が、どうも意外と深刻なものらしい、と皆が本気でalternativeな道を求め始めた頃といえよう。
本書は、それに答えようとする試みと言ってよい。
もちろん、近代文明の行き詰まりを打開しようという試みは、本書もそうしているように、地球史的なパースペクティブを踏まえることが求められる。
いわば、人の生涯を越えるテーマであって、誰にも正解か否かを確認することができないものである。
にもかかわらず、問題の存在に気づいた人は、真剣に考えざるを得ない。
提示されるのは、すべて「仮説」に過ぎないが、説得的(論理的整合性、科学的裏付け、感情を揺り動かす力など)で、具体的(日々の生き方の指針になるような)なものが望まれる。

「恐竜の脳」の理屈は、最近の政局を考える上のヒントになりそうである。
去年の総選挙で、国民は長年の自民党政治に終止符を打つ選択をした。
それからほぼ8ヶ月が経ったが、圧倒的な期待の下に誕生した民主党政権は、いまや末期的様相である。
その原因は、やっぱり鳩山総理と小沢幹事長という二枚看板をめぐる「政治とカネ」の問題が大きいであろう。
たしかに、この問題はまったく説明不足のままである。
むしろ、説明ができないまま、と言うべきであろうか。
私も、「政治とカネ」の問題はクリヤーにすべきであるとは思う。
しかし、ここでは西大條学ドクターの「恐竜の脳」の話を援用して考えてみよう。

現在の民主党は、比較的開明的な思考の持ち主から、古い自民党の体質を引き継いでいるメンバーまで、まさに混成集団である。
混成は、政権奪取の不可避の条件であった。
すなわち多数派の形成が必要条件であり、そのためには小異を捨てて大同に就かなければならないからである。
すなわち混成集団の誕生である。

さまざまな思考と態度が存在する中で、世論的には、小沢一郎氏に不人気が集中しているようである。
この点でも、鳩山総理は存在感が薄い。すなわち政治家としての迫力に欠ける。
ワシントンで開かれた核セキュリティ・サミットに際し、オバマ米大統領とわずか10分程度の非公式会談しか持てなかったことについて、ワシントン・ポスト紙が、「哀れでますます愚かな日本の首相」と報じたと伝えられている。
核の問題は、唯一の被爆国である日本が、特にリーダーシップを発揮すべきテーマである。
国辱ものと言うべきこの表現に対し、4月21日の谷垣自民党総裁との党首討論の際に、みずから「私は愚かな首相かもしれない……」と追認してしまう。
まさに宇宙人。常人には理解不能である。
討論相手の谷垣氏も、絶句ということだったようである。

しかし、民主党の危機の本質は、違うところにあると思う。
すなわち、開明的に見える人たちの方が、本当は危ういのではないか。
総選挙で民主党に投票した人の多く、いわゆる無党派層は、「新しい脳」にシンパシーを感じているように思われる。
民主党の大勢もまた、「新しい脳」で占められている。
鳩山総理自身が計数工学の出身(東京大学工学部、専修大学助教授等)であるが、菅副総理兼財務相大臣(東京工大理学部)、平野官房長官(中央大学理工学部)、川端文部科学大臣(京都大学工学部)なども、出身は理科系である。
今までにない理系に強い内閣と言われたこともあった。
すなわち「新しい脳」dominantな体制である。
そして、そうである限り、本質的に現在の状況には耐え得ないのではないか。
現在の危機は、技術文明にしろ、金融にしろ、数理のみで成果を追求してきた結果である。
リーマンショックもトヨタのリコール問題も、根っ子はそこにあるのではないか。

混迷する民主党に対して、自民党も混乱を極めている。
私は、基本的には、自民党は森喜朗氏の内閣で終わっていたと思う。
小泉純一郎という狂い咲きした徒花の残照で、安倍、福田、麻生と引き継いだが、もはやそれまでであった。

先日、与謝野馨氏や平沼赳夫氏らによって「たちあがれ日本」という新党が結成された。
石原慎太郎東京都知事らも加わって、なかなか賑やかである。
「文藝春秋1005」に、与謝野馨氏と新党の幹事長に就いた園田博之氏が連名で、『「たちあがれ日本」結党宣言』という一文を寄せている。

日本を没落の道へ導こうとしている民主党政権を打倒するため、我々は自由民主党を離党して、新党「たちあがれ日本」を結成することを決めた。閉塞した日本を再び活気のある国に再生させ、国民が安心して生活できる国にするためには、我々には新しい旗を掲げてこの国の危機を救う使命があると確信したからだ。

その意気やよし、というべきであろうか。
あるいは、「恐竜の脳」の本能的危機感の現れというべきであろうか。
しかし、中心になっているメンバーに、日本の国の再生を託したいと思う人は、ごく限られた層に過ぎないだろう。

この他にも、山田宏杉並区長を党首とする「日本創新党」、橋下徹大阪府知事を代表とする「大阪維新の会」、舛添要一前厚生労働相を党首とする「新党改革」など、新党運動が、まさに雨後の筍の如く簇生しつつある。
いずれかが、本当に日本の国の再生を担うことになるのであろうか?
あるいは、それは未だ姿形を見せていないのであろうか?
いずれにせよ、「古い脳:恐竜の脳、哺乳類の脳」と「新しい脳:人間の脳」のバランスがとれたものであることが必要条件となるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

闘病記・中間報告(4)初動対応と救急車の是非

脳卒中は、発症後、時間が経過するにつれて重症化する(木村彰男監修『図解 脳卒中のリハビリと生活』主婦と生活社(0805)。
だから、不幸にして脳卒中の発症を認識したら、なるべく早く治療を受けることが重要である。
早ければ早いほど、脳のダメージは少なくて済み、救命や後遺症の軽減を図ることができる。

従って、一刻も早く救急車の世話になるべきである、というのが一般的な考え方であろう。
しかし、私たちくらいの世代には、多分に、私用(?)で救急車を呼ぶことをはばかる気持ちがあるのではなかろうか。
私自身、発症時に、そもそも自分が脳梗塞に襲われているという認識もなかったが(ずいぶんとノーテンキな話だ)、自分が立ち上がることができなかったにも拘わらず、救急車を呼ぶという発想がなかった。
また、実際に携帯電話をかけるまで、自分が発話が困難な状態にあるとも思わなかった。
頭の中では、正常な発話をしていたからである。

その日、妻が仕事で外出していて、連絡がつきにくい状況であることが頭にあった。
そこで、結婚して隣の市に住んでいる娘に、先ず電話しようと思った。
何が幸いするかわからない、と言うべきであろう。
それが、結果として、致命的なダメージを避けることに繋がったのだ。
もし、妻が容易に連絡できる状態であれば、妻に迎えに来るように依頼したことだろう。
そして、妻はおそらく自分で迎えに来たであろう。
その結果、診察を受けるのが、相当遅れたと思われる。
家で一緒にいたとしても、おそらくは救急車を呼ばないで、自分たちだけで何とかしようと考えたことだっただろう。

実際、私の知人は、脳梗塞の発作の後、奥さんの運転する車で病院に行った。
外来患者として順番待ちをしている間に、決定的な時間が徒過していったのではないか、と思われる。
結果的に、寝たきりの状態になり、意思表示もままならない闘病生活を経て亡くなった。
もちろん、速やかな治療を受けていたとしても、結果は分からないのではあるが、救急患者の扱いを受けていたら、ひょっとして違う結果だったのではないか、という気持ちを拭いさることができない。

私の場合は、辛うじて娘に事情を説明することができ、大体の様子を察知した娘の判断で救急車を手配した。
救急車で搬送されたため、順番待ちをすることもなく、直ちにMRIなどによって、症状の程度を判断することができ、集中治療室にて血栓溶解などの措置を受けることができた(らしい)。
血栓溶解は、発症3時間以内であれば効果的であるという。

私の正確な発症時刻は分からない。
しかし、朝の9時頃は、自分で運転していたので、未だ発症していないと思われる。
9時30分頃、パソコンのマウスが妙に重く感じられたことを覚えている。
私が多少の医学的知識があったら、当然脳の異変を疑うであろう。
しかしその時は、コードがどこかに引っかかっているのかな、と思い、机の周りを注意してみたりして、特段の異常がないことを確かめ、「おかしいな、気のせいかな」などと、未だ深刻に考えなかった。
その直後のことである、歩行しようとして倒れたのは。
およそ9時40分頃である。
自力で立ち上がろうと試みて、どうしても立てないことを自覚して、娘に電話したのが10時前後のはずである。
なにぶん、自分が普段通りに発話できないことを知り、気が動転していたので、正確性には自信がないが、通話記録からしてもおおよそ以上のようである。

10時半頃には病院に運ばれ、12時頃には血栓溶解措置を受けたのではないだろうか。
とすれば、発症後2時間半程度であり、ぎりぎりの時間であったことになる。
もし、家族が自力で病院に連れていこうとしたら、治療開始までに、ゆうに3時間は超えていたであろう。
だから救急車の威力は大きい、と思う。

しかし、救急車で運ばれればいい、というものでもないという意見がある。
栗本慎一郎『脳梗塞になったらあなたはどうする』たちばな出版(第1刷0105/第7刷0903)には、以下のようにある。

救急車は呼ばないこと。救急車の隊員は、これはきっと脳梗塞だからA病院がいいと分かっていても、そういう判断をしてはいけないことになっている。そしてあらかじめ場所ごとに決まっている救急病院に貴方を運び込むことしか出来ないのである。

私の場合は、(私の空耳でなければ)、「脳の異常の可能性があるから、そういう検査ができる病院に運びます」と救急隊員が言っていた。
明らかに、栗本氏の上記の記載とは異なる。
わが救急隊員は、自分に許された裁量の範囲を守らなかったのだろうか?
それとも、救急隊員の服務規程は、地方自治体によって異なるのだろうか?
あるいは、栗本氏が原稿を書いた時点から制度の改変等があって、救急隊員が一定の範囲で裁量できるようになったのか?
はたまた、私の症状が誤解のないほど、典型的なものだったのだろうか?

いずれなのかは分からないが、私は、救急隊員の判断に感謝している。
もし、あらかじめ定められていた病院が別にあって、そこにMRIなどの診断機器がなかったら、ダメージがどの程度であったのか?
想像もしたくないことである。

私の体験からは、脳卒中の疑いがあると思ったら、迷わず救急車の世話になるべきである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

闘病記・中間報告(3)初期微動を捉えられるか

1泊2日で、3回目の外泊訓練。

徐々に介助の必要度を軽くし、自立した生活に戻りたい。
そのためには、多少の冒険も必要ではなかろうか。
リハビリ患者にとって、「ムリは禁物」というのは鉄則である。
ムリをして転倒してしまい、最初からやり直すことになってしまった事例を身近に見てもいる。
「ムリをしないで!」というのはごく当たり前の注意である。
だが、100%の安全などあり得ないのではないか。
日常生活にだって、どこにリスクがあるか分からない。
もちろん、危険な(匂いのする)ものには一切近づかないという生き方はあるだるう。
しかし、危険の方から近づいて来る場合もある。

子供に、「知らない人に話しかけられても、相手をしてはいけない」というのは、母親がよく言う言葉であろう。
しかし、4月8日の産経新聞「正論」欄の加藤秀俊さんの『「こども」はカネでは育たない』にあるように、「危ない(と思われる)ものに一切接触しない」のは如何なものだろうか。
事実として、世の中には「悪い人」もいる。
係わりを持たないことに越したことはないが、そうもいかないのが社会というものである。
だから、危険のもの一切にアンタッチャブルにはできない。
いずれは「悪い人」にも出会うとしたら、少しずつ慣れていた方がいいのではないか。

リハビリでも、100%の安全を目指すことがベストであろうか。
私は、適度なムリ、という一種の矛盾した行為が必要ではないかと思う。
言葉を換えれば、管理されたムリ、とでも言えようか。
リスクを測りながら、ある程度新しいことにチャレンジすることも辞さないという姿勢である。
それは、ある面で企業のマネジメントに通ずるもののような気がする。
企業もリハビリ患者も生き物である。
生き物は常に環境の変化にさらされている
適応していくためには、「新しいモノ・コト」に直面し、それに主体的に向き合っていくことが必要である。

4月7日の払暁、ジャイアンツの木村拓也コーチが、くも膜下出血で亡くなった。
4月2日の夕暮れ近く、広島で、試合前の守備練習中にノックをしていて倒れ、市内の病院に救急車で運ばれたが、そのまま意識が戻ることはなかった。
木村コーチは、昨年まで現役のプレーヤーとして活躍し、投手以外のすべてのポジションに対応可能、左右両打ちができるという、文字通りのユーティリティ・プレーヤーだった。

今年から、原監督の要請で、コーチに就任したばかり。
37歳だった。
一般的に言って働き盛りの時期であり、本人もまったく予期しない出来事だったと思う。
無念だったに違いない。

くも膜下出血と脳梗塞と脳出血の総称が、脳卒中である。
「卒」は、「卒然と」などという表現から分かるように、「突然に」とか「にわかに」といった意味である。
「中」は、「中る=あたる」である。広辞苑には、「対象に向かって直進し、対象がそれに対応するショックや反応をおこすような作用をいう」と説明されている。
つまり、脳卒中は、脳が突然ショックを受けたような現象ということ、と理解できる。
木村コーチはその典型例といえよう。

脳卒中は、端的に言えば、脳の血管の障害のことである。
くも膜というのは、脳を保護する膜の1つで、頭蓋骨の内側に、硬膜・くも膜・軟膜の層がある。
くも膜と軟膜の間が、くも膜下である。脳脊髄液で満たされていて、クッションの役割を果たしている。
脳の血管の出血がくも膜下に及んだのが、くも膜下出血である。

脳梗塞と脳出血は、脳の血管が詰まったり(脳梗塞)、破れて出血したり(脳出血)して、脳の細胞が壊死する現象である。
言い換えれば、脳出血は出血を伴う脳梗塞である(栗本慎一郎『脳梗塞になったらあなたはどうする』たちばな出版(第1刷0105/第7刷0903))。
したがって、広義には、脳梗塞は脳出血を含むと考えることもできる(上掲書)。
私の場合は、出血を伴わない狭義の脳梗塞である。
念のために言っておけば、出血の有無と重軽の程度は無関係である。

小渕元総理は、私と同様、狭義の脳梗塞だったといわれるが、致命的なダメージを受けたことは周知の通りである。
小沢一郎現民主党幹事長との権力闘争による心労が引き金になったのではないか、といわれている。
また、私と同じ病室の人は、私とほぼ同時期に脳出血を発症した。
意識を失ったということだが、私と時を同じくして転院してきた際には、身体的な後遺症はほとんど見られず、1ヶ月余で退院した。

「脳細胞の壊死」とは、栗本氏も言うように、イヤな言葉である。
脳細胞に酸素が供給されず、つまり酸欠状態で、いわば窒息死するわけである。
壊死までの時間は、酸素が途絶えてから、わずか3分程であるという。
栗本氏の著書は、自身の体験を踏まえた警告の書として、多くの人が参考にすべきだとは思うが、リハビリ中の人間としては、いささかブルーな気分になる。

前回、脳梗塞(脳卒中)の予知は、基本的に不可能であるとした。
木村拓也さんのように、健康(そう)な人が、文字通り卒然と襲われる。
果たして、彼の発症を予測できた人がいたであろうか。
その意味で、脳卒中の予知は不能あるいはきわめて難しいのは事実である。

ふたたび、地震とアナロジーで考えみよう。
地震には2つの波がある。

地震のゆれは2つの「波」として伝わってきます。
地震発生してしばらくして、カタカタと小さなゆれが伝わってきて、その後大きなゆれが届きます。
http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/jishin1.html

この最初のカタカタという揺れが、初期微動といわれるものである。
地震の場合、初期微動を捉えることができれば、被害を大幅に軽減することができる。

私の友人は、歩行中に足の異変に気づき、その後の予定をすべてキャンセルする手配をして病院に直行した。
検査の結果、脳梗塞だったのだが、ごく初期の段階だったため後遺症らしきものは見られない。
彼(の主治医)の話では、歩行中が幸いであったらしい。
会議中などで座っていると、気づきが遅れた可能性があるという。
幸いにして、友人の場合には、初期微動を感知し得たことになる。

木村拓也さんと私および私の友人の脳の中で起きたことは、ほぼ同じことで、ごく微細な差があったに過ぎない。
しかし、結果として遺されたものの差異は限りなく大きい。
何が異なっていたのか?
運動神経は無関係というべきだろう。
プロ野球のレギュラーになる位の人は、とうぜん人並み以上の運動神経の持ち主である。
なかでも木村コーチは抜群の器用さをもっていた。
同じく脳梗塞を発症した長嶋茂雄氏は、運動神経の申し子のような人である。

脳のメカニズムは精妙で未だ分からないことも多い。
しかし、初期微動の段階で気がつくか否かが、大きな分かれ道であることは疑い得ない。
できれば、初期微動を感知したいものである。
初期微動を捉えるためには鋭敏なセンサーが必要であるし、さまざまなノイズに惑わされない判別力も求められよう。
そして、そのような準備があったとしても、必ず初期微動が捉えられるとは限らない。
後は、運命の女神に好かれる努力をするかないのではないか。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »