« 闘病記・中間報告 | トップページ | 闘病記・中間報告(3)初期微動を捉えられるか »

2010年3月22日 (月)

闘病記・中間報告(2)予知の可能性

連休を利用して2回目の外泊訓練。

私の場合、脳梗塞の結果として、右半身マヒが遺った。
神経系は首で交差していて、右半身を支配しているのは、左脳だといわれる。
私の梗塞もMRIによれば(私はまだ見ていないが)、左脳で起きている。
もっとも影響は首から下だけではなく、構音障害など口まわりでも右側にマヒがあって、ダメージを受けた脳の部位によって、影響の形態はさまざまらしい。

脳梗塞は、血のかたまり(血栓)が脳の血管に詰まってしまうことによって起こる。
原因はいくつかあるが、高血圧や高脂血症だと発症しやすいといわれる。いわゆる生活習慣病(メタボリック・シンドローム)である。
私も、遺伝的に血圧が高く降圧剤を常用していた。
また、高脂血きみであることも事実である。
しかし高血圧や高脂血症だからといって、必ず脳梗塞を発症するというものでもない。

発症後よく受ける質問は、「前触れ、予兆が何か感じられたか?」というものである。
特に、自分も危険因子を持っていると自覚している人(つまり、同世代の人のかなりの部分)は、少しでも参考になることがないか、と真剣な眼差しである。
しかし、すくなくとも主観的には、明瞭に「あれが予兆現象ではないか」と思われる事象はなかった。
いくら私でも、そのようなことがあれば、注意をする。

その意味では脳梗塞は地震に似ている。
私の脳も、東海地震のように、梗塞がいつ起きても不思議ではない状態にあった。
しかし、それがいつ起きるかは、実際に起きるまでは分からない。
しかも、阪神淡路や中越のように、予期しないときに起きる。
すくなくとも、当人にとっては「ある日、突然に」である。
「何で自分に……」と不条理のようにも思える。
しかし、地震も脳梗塞も起きるべくして起きているのである。
言い換えれば、起きるための必然的条件はあるが、実際に起きるに際しては偶然的な要因が関与するということだろう。
だから、「直接的な原因は何だと考えるか?」というような質問には答えようがない。

しかし、後から考えて、関係があるのかも知れないと思う現象として、次のようなことがあった。
これらは、地震とナマズの関係のようなもので、因果関係があるのかどうか、今の時点で何ともいえないものである。

一つは、1週間くらい前に、舌の先にザラつくような違和感があったことがある。
しかし、胃が荒れたり、風邪を引いたりしたときには、今までにも同じような感じの経験があったから、さして気にすべき現象とは思わなかった。
第二に、前日にある忘年会に参加したときに、酔った後ではあるが、挨拶をする時に、やや話にくい感じがした。
しかしこれも、酔って呂律が回らなくなることはしばしばであるし、そのときは、呂律が回らないという程でもなかったので、これも大して気にしなかった。
もう一つは、前々日に酒類を1滴も口にしなかったことである。
外でか家でかは別として、飲酒の習慣があったから、妻も「どうしたのかな?」と思ったようである。
だから冗談混じりに、酒飲みの仲間には、「酒を飲む気がしない時があれば、要注意」と言っている。

それから、自覚症状ではないが、数日前に40年来の友人にあったとき、「かなり疲れている様子だった」と後で言っていた。
もちろん、それなりの心労はあったし、その日は久しぶりに都内をかなりの距離歩いた後だった。
しかし、疲労困憊というわけではなかったと思う。
だが、彼に「そう見えた」らしいことは事実である。

おもいつく前兆的な現象は以上のようなもので、いずれも日常的なことから著しく逸脱していることではなく、たとえ、事前に教えられていたとしても見過ごしていた可能性が高い。
つまり、直前における予知は不可能ということである。
それを一般化していいかどうかは分からないが、日常的にリスクファクター(端的には血圧)をウォッチングしておくしかないのではないか。

なお、脳梗塞と同様の症状があらわれるが、24時間以内に消失するものを一過性虚血発作(TIA)という。
TIAがあらわれた1週間~1ヶ月後に本格的な脳梗塞を発症する可能性が高いと言われる。
つまり、TIAは脳梗塞の前兆現象だということができる(木村彰男監修『脳卒中のリハビリと生活』主婦と生活社(0805))。
私にも、TIAは起きていたも知れない。
しかし、それをTIAと自覚することはなかった。

もっとも、TIAの症状の1つだという足の痺れは日常的にあった。
十年来腰痛に悩まされ、5年ほど前には2週続けてブロック注射をしてもらったことがある。
そのときに腰部のMRIを撮ったことがあり、腰椎が変形しているのが原因だといわれた。
しかし、手には特段の異変を感じることはなく、足の痺れ感は腰に因るものだと考えていた。
もしTIAが起きていたら、腰痛の影響がノイズになって、TIAのシグナルが分からなかったことになる。
いずれにせよ、経験したことのない前兆を、的確にとらえるのは難しいと考えるべきではなかろうか。

|

« 闘病記・中間報告 | トップページ | 闘病記・中間報告(3)初期微動を捉えられるか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

闘病記・中間報告」カテゴリの記事

コメント

更新されていて驚きました。
お疲れさまです。

「脳梗塞は地震に似ている。」
本当にそうなのかもしれないですね・・・。

どちらも起きて欲しくないことです。

人生には、
時としてどうしょうもできないことが起こるのですね。

でも「生きる力」は、
それ以上に強く逞しいものですよね!

どんなときも「今」を一生懸命に、
生きる「力」は絶対に負けない。

明日から四月。
春よ来いtulip

投稿: RYOKO | 2010年3月31日 (水) 17時34分

RYOKO様

こんにちは!
今度は1泊だけです。徐々に慣らし運転中です。
まだ、右手が全廃に近い状態なので、不便極まりないです。
しかし、諦めるのは未だ早い、と自分の心に鞭打ちながら、リハビリをしています。

投稿: 管理人 | 2010年4月11日 (日) 12時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/33879230

この記事へのトラックバック一覧です: 闘病記・中間報告(2)予知の可能性:

« 闘病記・中間報告 | トップページ | 闘病記・中間報告(3)初期微動を捉えられるか »