« 非核三原則と「是」というネーミング | トップページ | 違法な薬物使用と「甘えの構造」 »

2009年8月11日 (火)

駿河湾を震源とする地震が発生

今朝(8月11日)の5時過ぎ、静岡県を強い地震が襲った。
0908112静岡県は、かねてから東海地震の可能性が指摘されており、「あるいは?」と思った人も多いのではなかろうか。

現時点での報道では、今回の地震は、駿河湾内を震源とするもので、従来言われてきた東海地震とはメカニズムを異にするものであって、関連性はない、ということのようである(地震を報ずる静岡新聞8月11日夕刊。崩落現場は、東名高速自動車道・牧之原サービスエリア付近)。

我が家では、食器棚から茶碗や皿などが落ちて割れる程度で済み、幸いにして大きな被害は受けなかった。
しかし、震度5弱程度と想定される揺れはかなり強烈で、東海地震がこれ以上の強度のものだとすると、とても対応できないだろうと思われた。
言われている東海地震とは、駿河湾内に位置する駿河トラフで周期的に発生するとされる海溝型地震のことで、マグニチュード8級と想定されている。
今回の地震は、マグニチュード6.5と発表されている。
東海地震のマグニチュード8級というのが現実にいくつとして発生するかはわからない。
しかし、マグニチュードは対数だというから、仮に2桁違うとすれば、100倍くらいの破壊力ということになる。
といっても想像できるものではないのだが。

折から台風9号の影響で強い雨が降り続いていて、各地で水の被害が発生している。
地震と豪雨が複合すると、当然土砂災害が起きやすい条件となる。
今のところ、けが人が相当数出ているという報道はあるが、死者の発生は報じられていない。
現在の予知技術の水準では、地震発生の直前での予知はできないとされる。
しかし、東海地震については、前兆(地震前の異常な現象)を検知できる可能性があるとされている。

前兆が検知された場合、気象庁から、次のような三種類の情報が発表されることになっている。

「東海地震観測情報」・・・観測された現象が東海地震の前兆現象であると直ちに判断できない場合や、前兆現象とは関係がないとわかった場合。
「東海地震注意情報」・・・観測された現象が前兆現象である可能性が高まった場合。
「東海地震予知情報」・・・東海地震の発生のおそれがあると判断した場合。

http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/tokai/hellojma_index.html

東海道域は、日本の経済的・社会的活動の集中する地域である。
交通路としても重要な役割を果たしており、東海地震の被害は想像を絶するものとなるだろう。
小松左京『日本沈没』の世界が現実化するわけである。

今回の場合、東海地震の前兆ではない、という判断に基づき、東海地震との関連性を調査する目的で、「東海地震観測情報」が発表された。
観測情報の場合には、特段の防災対応は取られない。
しかし、実際に「東海地震予知情報」などが発令されたらどういうことになるだろうか?
パニックに陥らないとも限らないが、なるべく正確な情報を、なるべく早い時期に知らせて欲しいと思う。

|

« 非核三原則と「是」というネーミング | トップページ | 違法な薬物使用と「甘えの構造」 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/30917867

この記事へのトラックバック一覧です: 駿河湾を震源とする地震が発生:

« 非核三原則と「是」というネーミング | トップページ | 違法な薬物使用と「甘えの構造」 »