« 大型詐欺の事例(3)「遠山青峰型」詐欺 | トップページ | 大型詐欺の事例(4)M資金 »

2009年5月13日 (水)

拙速に過ぎる民主代表選

民主党の小沢代表が辞任し、後継の代表を選出する選挙が、16日に実施されることになった。
何かと課題の多い時節であるから、時間をかけないで体制再構築を図ろうということであろうが、余りにも拙速というべきではなかろうか。

何のための代表交代かといえば、間近に迫っている総選挙に勝って、政権交代を実現するためであるはずだ。
そして、そのために何よりも必要なことは、国民に広く理解と共感を得ることであるはずではないのか。
後継候補者として、既に岡田克也氏や鳩山由紀夫氏の名前が取り沙汰されている。
おそらくはこの2人の争いということになるだろう。

政党の代表を選ぶ選挙は、その政党にとって、PRのための最大のチャンスであるはずだし、またそう活用すべきだろう。
しかし、もし、下馬評通りに岡田氏と鳩山氏しか立候補せず、投票権者が国会議員だけという事態で終わるとすれば、多くの国民は肩透かしを食ったような気持ちになるのではないだろうか?
代表交代によって、民主党という政党が、国民に何を訴えたいのか、そのメッセージが明確に伝わって来ないのである。

岡田氏も鳩山氏も、共に民主党代表の経験者である。
そして共に、お金持ちの家庭で生まれ育っている。
それは、基本的にお金に対してはクリーンだということに繋がるだろうとは思う。
また、2人とも、東京大学の出身で、学歴・履歴面でも十分エリートである。
私などからみると、どちらかといえば、似た者、という感じが否めない。

このような生まれや育ちからすると、庶民感覚が不足しているのではないか、という感じがする。
はたして格差社会における弱者の立場を理解できるだろうか。
そういう心配を払拭するためには、やはり議論を戦わせて、それぞれの考え方を表明するための時間が必要なのではないだろうか。

また、2人の差異はどこにあるのだろうか?
鳩山氏は小沢代表のもとの幹事長だったこともあり、親小沢とみられている。
そして、岡田氏はこれに対抗する勢力と位置づけられている。
しかし、小沢氏との距離感が、ポジショニングの軸だとしたら、何のための代表交代か、ということになりはしないか?

私は、小沢代表の秘書の捜査から起訴に至る検察のスタンスには疑問を感じるものであるが、それでも小沢氏が説明責任を果たしていない、と考える。
代表辞任の記者会見でも、その辺りは全く無視されていた。
西松建設との間には何もなく、「無いことを証明することは難しい」ということであろうか?

とはいえ、政治資金の使途等について、もう少し説明を加えることは可能だろう。
もちろん、これから公判の過程で、さまざまな事実が明らかにされていくだろうから、それを待つというのも1つの考え方である。
しかし、だとしたらその間は、小沢氏は、影響力の行使を自粛すべきではないだろうか。
もし、代表選の過程でも、政策等に関する説明が不十分なままだと、小沢氏が説明責任を果たしていない、という世間の批判は、次の代表にも継承されることになるのではないか。

小沢氏は、代表辞任の記者会見で、盛んにメディア批判を行った。
私たちも十分に批判的な目でメディアに接しなければならないとは思うが、民主党の執行部が代表選の日程を決める様子は、明らかにマイナスのイメージを与えているのではないか。
常識的に言って、小沢氏は自らの影響力を保持するために、鳩山氏を後継にしたいと考えているだろう。
そして、そのためには、投票の有権者の範囲を広げることなどせずに、なるべき速やかに選挙を実施することが有利だと判断したのだろう。

しかし、小沢氏は、あくまで引責辞任をした身であることを自覚すべきだろう。
あるいは、引責ということではなく、メディアの批判を避けるためだ、ということかも知れない。
しかし、辞任せざるを得なかったのは事実である。

民主党の議員の中には、週末に地元の意見を聞きたい、とする人が何人かいたようである。
私はもっともなことだと思う。
その何日かの日程も割けないということだろうか。
小沢氏の剛腕は、与党に向けて発揮されるべきではないのか。
自党内の反対派に向けて剛腕を振るっても、所詮内弁慶に過ぎないと思うのだが。

|

« 大型詐欺の事例(3)「遠山青峰型」詐欺 | トップページ | 大型詐欺の事例(4)M資金 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/29591720

この記事へのトラックバック一覧です: 拙速に過ぎる民主代表選:

« 大型詐欺の事例(3)「遠山青峰型」詐欺 | トップページ | 大型詐欺の事例(4)M資金 »