« 虚業の類型(2)財力による市場経済の操作 | トップページ | 虚業の類型(3)健全な競争に反する強者の論理 »

2009年5月29日 (金)

箸墓は卑弥呼の墓か?

5月29日の各紙は、国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)が、奈良県桜井市の箸墓古墳の築造時期が、240~260年と推定されると発表したことを報じている。
(写真は、http://www.iza.ne.jp/news/newsphoto/slideshow/all/all/date/187320/
Httpwwwizanejpnewsnewsphotoslidesho 『魏志倭人伝』の記述によれば、卑弥呼の死亡推定年代は、248年ごろと考えられるので、時期が重なることになる。
箸墓古墳は、いわゆる畿内説論者が、かねてから卑弥呼の墓ではないか、としてきたことから、今回の発表により、畿内説論者は勝負あったかのように主張するであろうことが目に見えるようだ。

歴博の調査結果は、おおよそ次のようなものである。

歴博は全国の5千点を超す土器の付着物や年 輪の年代を測定。
2_3その結果、箸墓の堀や堤 からも出土し、箸墓が築造された時期の土器と考えられている「布留(ふる)0式」が使われた期間を240~260年に絞り込んだ。
31日にハワイで始まる放射性炭素国際会議と、同日に早稲田大である日本考古学協会の研究発表会で報告される。
http://www.asahi.com/culture/update/0528/TKY200905280355.html

箸墓は、奈良にある前方後円墳の中でも有名なものと言えよう。
古墳の規模は、被葬者の地位を示していると考えられるから、箸墓の被葬者は、相当な権力者だったと考えられる。
『日本書紀』では、箸墓は、第7代孝霊天皇の皇女・倭迹迹日百襲姫の墓とされ、「昼は人が造り、夜は神が造った」と書かれている。
『日本書紀』によれば、倭迹迹日百襲姫は、聡明で英知に長け、霊能力が優れており、第10代崇神天皇の支配力を背後で支えるような存在だった(系図はWikipedia/09年1月12日最終更新)。

1102_2 たとえば、全国に疫病が流行して田畑はあれ、多くの民が飢えに苦しんでいたとき、崇神天皇は大三輪氏の祖オオタタネコに大物主命を祀らせて疫病を鎮めたという話がある。
このとき大物主命は、最初に倭迹迹日百襲姫に憑依し、「大和の国の主である自分を重く祀れば、必ず国土は平安になろう」と託宣した。それを倭迹迹日百襲姫が崇神天皇に進言して国の疲弊を救った。
また、あるときタケハニヤスヒコ命が謀反を計画するという事件のときには、倭迹迹日百襲姫がいち早くそれを予言して叛乱を未然に防いだ。
倭迹迹日百襲姫が妻となる大物主命は三輪山の主であるが、三輪山というのは大和朝廷にとっては非常に重要な祭場であった。
のちに伊勢に太陽神・天照太神が祀られる以前には、三輪山において大和朝廷の太陽神祭祀が行われていた。
その祭司をつとめたのが倭迹迹日百襲姫だった。
http://www.din.or.jp/~a-kotaro/gods/kamigami/yamatomomoso.html

畿内説の中でも、纏向遺跡を邪馬台国に比定する人は数多い(08年12月12日の項12月18日の項)。
邪馬台国の所在地論争は、いつ果てるともなく続いてきたが、いよいよ最終的な決着をみたのだろうか?
そもそも、歴博の研究グループが用いた放射性炭素年代測定が、果たして今回の発表のような精度を持ち得るのだろうか?
2また、箸墓の築造年代が、歴史民俗博物館の説明の通りだとしても、年代が重なるというだけでは、卑弥呼の墓に決定した、などということはできないと思う。
もし、箸墓の内部から、「親魏倭王」の金印でも見つかれば、それは決定的な根拠といえるだろう。
しかし、箸墓は、陵墓参考地に指定されているので、発掘調査を行うことは当面期待できない。
かなりセンセーショナルな報道にもかかわらず、不思議なことに、歴博のホームページには開示がない。
こういうことに関しては、積極的な広報を心がけるべきではないだろうか。
(図は、http://www2.odn.ne.jp/hideorospages/yamatai05.html

|

« 虚業の類型(2)財力による市場経済の操作 | トップページ | 虚業の類型(3)健全な競争に反する強者の論理 »

日本古代史」カテゴリの記事

邪馬台国」カテゴリの記事

コメント

纏向遺跡を邪馬台国に比定する意見は、むしろ従来からあった意見、(・・・今更 何でしょうか)、
九州説などは、それでは納得し得なかったものを、幾多の考古発掘品を持って、「邪馬台国」に名乗り出てきました。
この纏向遺跡の中に、吉野ヶ里遺跡の様な、弥生時代の人々の居住跡の発見や発掘がされたことはあるのでしょうか?、
私は、前方後円墳の存在にかじりついている様な姿勢にちょっと情けない感を覚えます。
墓よりも、国の在り処を探し当てることの方が ずっと 考古学的なのではないか とも思います。

投稿: 重用の節句を祝う | 2009年5月30日 (土) 11時47分

重陽の節句を祝う様

コメント有り難うございます。
宮内庁が、陵墓あるいは陵墓参考地の調査を解禁しない限り、なかなか確定的な判断はできないだろうと思います。
ただ、『魏志倭人伝』に登場する国の中で、明らかに北九州と考えられるものがあるとすれば、3世紀段階で、西日本を統合していた権力が存在したのか、という疑問があります。
大和にそれなりの政治権力があったとして、それが邪馬台国だとは早計ではないでしょうか?
まだまだ考慮すべき要素がいろいろあるように考えています。
今後とも宜しくお願いします。

投稿: 管理人 | 2009年5月31日 (日) 11時20分

夢幻と湧源さん初めまして。
2年前の丁度今頃、拙い文章の初めての冊子のような本「日本の偽装の原点は古代史にあり」を書いた埼玉県深谷市在住の永躰典男と申します。校正無しで一番安くあがるところで出版したものです。これを取り上げて下さった先輩に感謝致しております。今回2年経過したところで、来月のはじめ頃に3冊目の「現代から古代史の偽装を読む」という本を出版しますので、先輩に献本いたしたく思っていますので、是非ご連絡をお願い致します。
              永躰より

投稿: 永躰典男 | 2009年7月11日 (土) 16時30分

箸墓は卑弥呼の墓か?の下に記載されました。

投稿: 永躰典男 | 2009年7月11日 (土) 16時38分

永躰典男様

コメント有り難うございます。
『日本の偽装の原点は古代史にあり』の問題意識は、大変興味深いものでした。
だからこそ、もっと掘り下げた論考を提示して欲しいと思い、勝手な感想を記しました。
新著、大いに期待しております。

投稿: 管理人 | 2009年7月12日 (日) 19時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/29852381

この記事へのトラックバック一覧です: 箸墓は卑弥呼の墓か?:

» 全国市町村情報ネットナビ [全国市町村情報ネットナビ]
全国市町村情報ネットナビです。 [続きを読む]

受信: 2009年6月17日 (水) 19時15分

« 虚業の類型(2)財力による市場経済の操作 | トップページ | 虚業の類型(3)健全な競争に反する強者の論理 »