« 小林惠子氏の弓削皇子論 | トップページ | 弓削皇子を殺した「山の猟師」とは? »

2008年10月18日 (土)

弓削皇子に獻(タテマツ)る歌

弓削皇子は、文武3(699)年に没している(08年9月23日の項)。
文武天皇が即位して、間もない時期ということになる。
小林惠子氏は、文武即位の時点で、弓削皇子の死は衆人の予知するところだったのではないか、とする。 

『万葉集』に、弓削皇子に獻(タテマツ)る歌三首という題詞の歌がある。

さ夜中と夜は深けぬらし雁が音の聞ゆる空に月渡る見ゆ  (9-1701)

妹があたり茂き雁が音夕霧に来鳴きて過ぎぬ為方(スベ)なきまでに  (9-1702)

雲隠り雁鳴く時は秋山の黄葉片待つ時は過ぐれど  (9-1703)

これらの歌は風景を詠んだ歌のように見えるが、「弓削皇子に献る歌」とある以上、「政治的意味が込められていることは疑う余地はない」と小林氏は断言する。
雁は、渡り鳥で日本では子育てをしない外来者であり、外国勢力を指す。ここでは、唐国を暗示している。

1701番歌が、「真夜中に雁が鳴く空に月がある」というのは、「雁(唐国)は、月で表意される天智系天皇を支持する」という意味になる。
弓削皇子は、父は天武であるが、母方は天智系なので、唐国の許容範囲にある。

1702番歌は、恋人のあたりで雁が盛んに鳴いているというのは、唐国の意向は弓削皇子即位にあるという意味だという。
1703番歌も、雁=唐国が、大和朝廷を動かして秋山の天智朝時代すなわち弓削皇子の即位を、時が経ても待っている、ということである。

しかし、結果的に、文武天皇が即位し、時を経ずして弓削皇子は没した。
難解とされる「弓削皇子に献る歌」がある。

  弓削皇子に獻る歌一首
御食(ミケ)向ふ南淵山の巌には落りしはだれか消え残りたる
御食向南淵山之巌者落波太列可削遺有
  右のものは柿本朝臣人麿の歌集に出づ。

「御食向かう」は天皇に対する用語で、「南淵山の巌」は天皇位を指す。
「消え残り」の万葉仮名の「削遺有」は、「削」の字によって「はだれ」が弓削皇子を暗示し、その「はだれ」は淡雪ですぐ消える。
つまり、弓削皇子の野望は、淡雪のように、少しの痕跡を残して消えてしまう運命だった、というのが小林氏の解釈である。

  雲を詠む
痛足(アナシ)川川波立ちぬ巻目(マキモク)の由槻(ユツキ)が嶽に雲居立てるらし  (7-1087)

あしひきの山川の瀬の響(ナ)るなべに弓月(ユツキ)が嶽に雲立ち渡る  (7-1088)

小林氏は、「柿本朝臣人麿の歌集に出づ」の中にあるこの2首を、弓削皇子を詠んだ歌であるとする。
それは、由槻と弓月が詠み込まれていて、由槻と弓月は、弓削をかけたものではないか、ということである。

つまり、1087番歌は、「川波立ちぬ」の表現で、不穏な事態の発生を意味しており、真の意味は、「不穏な事態が起きた。弓削皇子は殺されたらしい」ということである(『本当は怖ろしい万葉集 2 西域から来た皇女』祥伝社(0511)p160~)。
また、1088番歌は、「瀬音が高い」で紛争を意味し、その中で「雲が立って」弓削皇子は没したという意味になるという。
小林氏は、人麻呂が、弓削皇子に対して同情を込めた歌を詠んだことが、文武天皇の意に反し、人麻呂追放の理由になったのではないか、と推測する。

|

« 小林惠子氏の弓削皇子論 | トップページ | 弓削皇子を殺した「山の猟師」とは? »

日本古代史」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/24590821

この記事へのトラックバック一覧です: 弓削皇子に獻(タテマツ)る歌:

« 小林惠子氏の弓削皇子論 | トップページ | 弓削皇子を殺した「山の猟師」とは? »