« 年齢と感覚時間 | トップページ | 血脈…④日亜化学異聞 »

2007年12月30日 (日)

脱メタボ

「脱メタボ」商品というのが流行っているという。
「メタボ」とは、「メタボリック・シンドローム(代謝症候群)」のことで、内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に高血糖、高血圧、高脂血症のうち2つ以上を合併した状態をいう。
メタボリックは、メタボリズム(新陳代謝)の形容詞形で、10月12日に亡くなられた黒川紀章氏らが、デザイン・建築の方法論として使用したことで知られる(10月14日の項)。

1988(昭和63)年、生活習慣病の三大要素(高血圧・糖代謝異常・脂質代謝異常)がインシュリン抵抗性を基礎に密接に関連して、糖尿病と心血管疾患を引き起こすという学説が、Reaven GMによって「Syndrome X」との研究名で報告された。
その翌年にKaplan NMによる「死の四重奏」と題する研究報告がなされたのを契機に、インシュリン抵抗性症候群の研究が盛んとなり、1993(平成5)年、Hotamisligilが肥満とインシュリン抵抗性の間に炎症が介在することを指摘し、1998(平成10)年にWHO(世界保健機関)が『メタボリック症候群』という名称と、その診断基準を発表した事により、「メタボ」が一般に知られる病態名となった。

高血糖や高血圧はそれぞれ単独でもリスクを高める要因であるが、これらが多数重積すると相乗的に動脈硬化性疾患の発生頻度が高まる為、リスク重積状態をより早期に把握しようという試みが考えられてきた。
このようなリスクの集積は、偶然に起きるのではなく、何らかの共通基盤に基づくと考えられ、世界ではインシュリン抵抗性を共通基盤と考えるのが一般的だが、日本では特に内臓脂肪の蓄積による肥満が共通の基盤として着目されている。

来年から特定健診制度(糖尿病等の生活習慣病に関する健康診査)が始まる。
これは、メタボリックシンドロームの概念を応用して糖尿病対策を行う事を目指し、40歳から74歳までの中高年保険加入者を対象に、健康保険者に特定健診の実施を義務化すると共に、メタボリックシンドローム該当者、または予備群と判定されたものに対して特定保健指導を行うことを義務づける。
5年後に成果を判定し、結果が不良な健康保険者にはペナルティが課せられる。
厚生労働省は、中年男性では二分の一の発生率を見込むなど、約2000万人がメタボリックシンドロームと予備群に該当すると考えられている。
これを平成24年度末までに10%減、平成27年度末までに25%減とする数値目標を立てている。
これにより医療費2兆円を削減することが目標となっている。
Photo_2

脱メタボ商品の典型は、食事である。
厚生労働省と農林水産省から、平成17年6月に、「食事バランスガイド」というものが発表されている。
望ましい食生活についてのメッセージを示した「食生活指針」を具体的な行動に結びつけるため、1日に「何を」「どれだけ」食べたらよいかの目安をイラストで示したものだ。
1日に必要な食事量が、主食、副菜、主菜、牛乳・乳製品、果物の5グループに分類され、適量をコマの形で表現したものだ。
「あなたのコマは回ってる?」というコピーが添えられている。
コマの芯は水分で、回転させるのは運動である。

例えば、「食事バランス幕之内」という駅弁が発売されている。
あるいはナチュラルローソンでは、「しっかり食べよう!バランス弁当」売り出した。
あるいは、ニンテンドーDSの「健康検定」というソフトは、健康的な食事のとり方を学び、腹囲や体重などの記録と肥満度チェックができる。
確かに食事バランスが重要なことは分かる。
しかし、厚生労働省と農林水産省により指導されたくないなぁ、という気分がすることも大方の感覚ではなかろうか。

|

« 年齢と感覚時間 | トップページ | 血脈…④日亜化学異聞 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/9630331

この記事へのトラックバック一覧です: 脱メタボ:

» 中高年登山 50代夫婦で行きたい山登り [中高年登山 50代夫婦で行きたい山登り ]
「団体登山は騒がしくてどうも・・・」、「夫婦二人で静かにのんびりと山を楽しみたい」、安心して楽しめる登山を紹介していきたいと思います。 [続きを読む]

受信: 2007年12月30日 (日) 22時56分

« 年齢と感覚時間 | トップページ | 血脈…④日亜化学異聞 »