« 小沢辞意表明を巡る既視感 | トップページ | 『密告』…③平畑静塔 »

2007年11月 7日 (水)

党首会談を巡る既視感

今朝の新聞では、小沢氏の続投が決まったと報じられていた。
なにやら「大山鳴動して……」という感じではあるが、現在の民主党にとっては、現実的な落とし所というべきだろう。
それにしても、自分たちの能力に疑問符を付けられながら、続投を懇願しなければならないというのも何だかヘンな話だ。

福田首相と小沢代表の発言内容には、「大連立案をどちらから持ちかけたか」や「テロ対策特措法新法の成立にこだわらない、と発言したか否か」などいくつかの相違点があるが、そこは狐と狸の事後報告というものだろう。
しかし、既視感を覚える原因は、そもそも「密室での話し合い」というところに根本の原因があったのではないのだろうか。
今回の問題の焦点は、安全保障や外交に関する基本的なスタンスに係わるものだった。つまり、国家として最も重要なイシューである。

しかし、福田首相も、小沢代表も、党内での意見集約という手続きを踏んでいないことは明らかである。
2人が「腹を割って」話し合った結果、見解の一致をみたとしても、だから「GO」というのは余りに短絡的ではないのか?
西郷隆盛と勝海舟の時代とはわけが違う。
少なくとも、議員は国民が選んでいるのだから、建前上も議員に諮る必要があるだろう。
民間企業ならばトップダウンの方が好ましい場合がある。しかし、議員集団としての意思決定は、民間企業とは意味合いが違うはずである。
小沢氏は、だから党に持ち帰ったのだと言うかも知れない。しかし、そうだとしたら、役員会で否認されたからといって、辞職する理由にはならないのではないか。

民主党の役員会で否認されたのは当然だと思うが、一部には、それは民主党幹部の政治感覚の未熟性を示すものだ、という解説がある。
衆議院で与党が圧倒的多数を占めている以上、与党の反対するような内容の民主党の政策が実現する可能性はない。
とすれば、政権に参画して政策の実現を図りながら、その実績を示して、次の総選挙で逆転を狙うというのが小沢氏の描いたシナリオで、福田首相は、「庇を貸して母屋を取られる」ことになっただろう。
にもかかわらず、民主党の幹部は、参院選の勝利によって、総選挙でも容易に勝てるように錯覚していて、小沢氏のこのシナリオを理解できなかったのだ、というみかたである。

もちろん、総選挙のタイミングなどにもよるだろうが、さまざまな面で与党は有利である。与野党逆転して政権交代が起きる可能性は、一般には低いと考えるべきだろう。
しかし、その可能性は決してゼロではない。
連立して政権内部にいて総選挙を迎えるのと、野党として総選挙を迎えるのと、どちらが有利なのか、私には分からないが、仮に、連立の方が有利だとしたら、選挙のための連立ということだから、どうも本末転倒のような気がする。
密室での会談による意思決定が、一般国民に広く受容されるとは思えない。
としたら、連立を否認しつつ、小沢氏が続投するという所に落ち着かざるを得ないだろう。

そもそも福田首相の誕生の経緯からしてオールド自民党の復活劇を見ているようであった。
総裁選の事前に、派閥単位で福田氏支持の方向性が決まってしまっていた。
新しければいい、というものではないことは当然だが、いかにも旧態ではないだろうか。小渕首相が急逝して森首相が誕生した時の密室の合議が、いかに国民から支持を得られなかったか、改めていうまでもない。
今回の「福田-小沢談合」は、何やら、小沢氏の父の佐重喜氏が「安保特別委員会」の委員長だった時代(10月8日の項)に、一世代遡ってしまったような感じを覚える。

|

« 小沢辞意表明を巡る既視感 | トップページ | 『密告』…③平畑静塔 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/8795791

この記事へのトラックバック一覧です: 党首会談を巡る既視感:

« 小沢辞意表明を巡る既視感 | トップページ | 『密告』…③平畑静塔 »